桑原宏司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

桑原宏司(くわばら こうじ、1951年生 - )は日本実業家。元音楽家名古屋市出身。現在、チケットぴあ名古屋代表取締役社長。株式会社サンデーフォークプロモーション相談役。

学 歴[編集]

エピソード[編集]

  • もともと税理士会計士になりたくて大学の経営学科に進んだが、桑原の学生時代はフォークソングの全盛期。本人もご多分に漏れず、学業そっちのけで音楽活動に熱中することになり、当時アマチュアバンドのドラマーとして名古屋では名の知られた存在となった。
  • 実家は名古屋駅前柳橋市場の大衆食堂。早朝そこでアルバイトをし、それから学校でバンド活動。そして夜は雀荘「三河屋」で麻雀三昧の日々であったという。
  • 1971年、大学2年生の時、「てんとう虫のサンバ」で有名なチェリッシュの初期メンバーとなりドラムを担当。「なのにあなたは京都へ行くの」で念願のメジャーデビューを果たすものの、その後、東京で一流ドラマーの演奏を目の当たりにしてプロの道を断念したという。
  • 1972年、大学の先輩であるつボイノリオらと「欲求不満フォークソング・ボーイズ」を結成。2年間の音楽活動ののち解散したが、当時、マネージャーを務めていた井上隆司と共にサンデーフォークを立ち上げ、実業家への道を歩み始めることになった。その後は芸能コンサートやラジオ深夜番組「ミッドナイト東海」の制作に従事。のちにサンデーフォーク社長も7年間務めた。

芸能活動[編集]

  • 「なのにあなたは京都へ行くの」(日本ビクター 1971年) チェリッシュ
  • 「女の娘が欲しい」(日本ビクター 1972年) 欲求不満フォークソング・ボーイズ

外部リンク[編集]

チケットぴあ
サンデーフォーク