桂小南 (3代目)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
桂小南治から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
3代目 かつら 小南こなん
3代目 .mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:"ruby"1}.mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}桂(かつら) .mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:"ruby"1}.mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}小南(こなん)
桂小南定紋「丸に橘」
本名 山崎やまざき 徳美なるみ
生年月日 (1961-10-20) 1961年10月20日(59歳)
出身地 日本の旗 日本埼玉県春日部市
師匠 2代目桂小南
弟子 桂南太郎
桂南之助
桂南海
名跡 1. 桂南らく
(1980年 - 1984年)
2. 桂南楽
(1984年 - 1993年)
3. 桂小南治
(1993年 - 2017年)
4.3代目桂小南
(2017年 - )
出囃子 野崎
活動期間 1980年 -
活動内容 古典落語
家族 2代目林家正楽(父)
林家二楽(弟)
林家八楽(甥)
所属 落語芸術協会
公式サイト 桂小南でございます。
受賞歴
第65回芸術祭賞優秀賞(2010年)

3代目 桂 小南(さんだいめ かつら こなん、1961年昭和36年〉10月20日 - )は、埼玉県春日部市出身の落語家。本名、山崎やまざき 徳美なるみ落語芸術協会理事。出囃子は『野崎』。父は紙切師2代目林家正楽、弟は同じく紙切師の林家二楽

略歴[編集]

人物[編集]

主な演目[編集]

古典を中心に師匠・2代目小南譲りのネタが多く、上方ネタ『鼻ねじ』などの珍しいネタも演じる。

著書[編集]

弟・林家二楽との共著。

CD・DVD[編集]

第65回芸術祭賞優秀賞受賞記念。『そば清』『甲府い』を収録。
  • 三代目 桂小南(2018年、テイチクエンタテインメント)
3代目桂小南襲名記念。『菜刀息子』『ハワイの雪』を収録。

弟子[編集]

前座[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]