栗原幹雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

栗原 幹雄(くりはら みきお、1951年4月12日 - )は、日本の実業家。代表としてフレッシュネスバーガーや義兄とともに立ち上げたほっかほっか亭などを創業している。

略歴[編集]

1951年埼玉県川越市に生まれる。日本大学生産工学部建築工学科卒業後、1974年積水ハウスに入社。

1978年に退社し、義兄田渕道行とともに弁当フランチャイズチェーンほっかほっか亭」を創業。その後、1992年12月フレッシュネスバーガー1号店を東京都渋谷区富ヶ谷に自力で立ち上げた。

1994年にほっかほっか亭を退社し、1995年にフレッシュネスバーガーに移り、フランチャイズ展開の経営に専念する。他に、フライドグリーントマト株式会社代表取締役で「ごはん処 おはち」や「魚がし日本一」などの飲食事業を手がける[1]

2016年現在、飲食業プランニング会社のフライドグリーントマト株式会社(2012年10月から)を設立し代表を務めるほか、ファーストフード業の株式会社グリーンズプラネット吉野家ホールディングス完全子会社)の代表を務めている[2]

幼少時代[編集]

実家は川越市で楽器店を営み、小学生の時に趣味でバンド活動を行い、中学時代に水泳、高校時代はラグビーフットボール、大学在学中にはボブスレーの選手であった[1]

著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 株式会社フレッシュネス 代表取締役 栗原幹雄. “スペシャルインタビュー”. B-plus(ビープラス) 仕事を楽しむためのWebマガジン. http://www.business-plus.net/special/0911/58607.shtml 2016年1月19日閲覧。 
  2. ^ フライドグリーントマト株式会社 会社概要 フライドグリーントマト株式会社・ 2017年2月14日閲覧

外部リンク[編集]