栗原亨 (廃墟愛好家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
くりはら とおる
栗原 亨
生誕 1966年7月
日本の旗 日本東京都
住居 千葉県
職業 廃墟愛好家
フリーライター

栗原 亨(くりはら とおる、1966年7月 - )は、廃墟愛好家、フリーライター

略歴[編集]

1966年7月東京都に生まれる。

ごく普通のサラリーマン生活をしており、妻子もいたが、離婚したことをきっかけに1990年代後半から実弟とともに廃墟探索を開始。その模様をWEBサイト『廃墟Explorer』として公開し始める。当時は廃墟を扱ったWEBが珍しく、掲示板を設置していたことから、いつしか同好の志が集まる場として機能するようになり、そこから自ら廃墟サイトを開設する人が多く誕生。また2000年6月にフジテレビで放送されたドキュメンタリーNONFIX』の取材を受け、廃墟探索に魅せられたサラリーマンとして登場し、話題を呼ぶ。この直後から栗原が協力関係を築いた写真家・小林伸一郎の廃墟写真集のヒットや廃墟サイトの増加などいわゆる廃墟ブームが到来。栗原には他メディアからも取材や執筆依頼が寄せられるようになり、2002年に自ら出版した『廃墟の歩き方 探索篇』のヒットにより、自他共に認める廃墟のプロとなった。その後、サラリーマン生活にピリオドを打ち、廃墟のプロとして出版、テレビなどで活躍し、途中からは樹海探索も新たに加えて全盛期を迎えたが、本人の遅筆や廃墟ブームの終焉もあって現在は表だった活動は少なくなっていた。しかし、2013年5月30日の『新・廃墟の歩き方 探訪編』発売に合わせ、5月29日からWEBサイトの更新を再開している。

千葉県在住。

人物[編集]

著書[編集]

監修[編集]

単著[編集]

  • 『廃墟の歩き方2 潜入篇』(2003年 イースト・プレス)
  • 『樹海の歩き方』(2005年 イースト・プレス)
  • 『廃墟紀行 — 荒廃した静寂な空間が語る郷愁』(2007年 マガジンランド
  • 『ウソかマコトか!?恐怖の樹海都市伝説』(2008年 秋田書店
  • 『はじめての廃墟の歩き方』(2008年 イースト・プレス)
  • 『新・廃墟の歩き方 探索篇』(2013年 二見書房

共著[編集]

連載[編集]

オリジナルビデオ[編集]

  • 『廃墟 解体新書』(監修 2004年 GPミュージアムソフト
  • 『樹海 解体新書』(監修 2004年 GPミュージアムソフト)

講演会・イベント出演[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 廃墟Explorer(2013年5月29日更新再開) - 栗原亨の公式サイト