柴秋邨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

柴 秋邨(しば しゅんそん、天保元年(1830年) - 明治4年3月18日1871年5月7日))は、江戸時代幕末儒学者書家

阿波国徳島城下紀伊国町(現徳島県徳島市元町)出身。幼名は卯吉、字は緑野、初号は繭山、後に秋邨。別号に東野・帰樸・秋孫、堂号に吹万洞・風香草堂等。通称は新蔵・六郎、名は惟卯・萃。

父は太物商・阿賀屋清左額門。幼少時に父を失い、家が困窮し、母は糸を紡いで生計を立てた。8歳の時、菓子屋の丁稚となったが、読書好きで医師・河野弘に見出され門弟となった。後に医学に飽き足らず新居水竹に入門して儒学を学ぶ。16歳のときに江戸に出て大沼枕山羽倉簡堂に師事したが、母の病気で帰郷する。母の病気全快を待ち、簡堂の紹介で大坂の広瀬旭荘に入門し、1850年には旭荘から秋邨の号を授かった。ここで秋邨は重用され、塾長となった。

この頃、内外多事となり、外洋学を学び、また播州林田藩河野鉄兜と親交を結ぶ。のち、九州に入り豊後日田の広瀬淡窓の養子青邨と親交し、咸宜園で生徒を教え、3年間の滞在中に僧五岳・長三洲と交わった。その後、大阪に帰り堀江で開塾したが、母の老衰により1861年故郷に帰り、思済塾を開いて教授した。この年12月、藩主・蜂須賀斉裕に起用され、儒官と洋学校の正務局を兼ねた。秋邨は経史よりも詩に長じ、書に優れ、画も優れていた。

しかし、1867年、庚午事変が起き、秋邨は檄文を作成する。これに対し藩は「文学教授勤め居り候身分として、今般脱帰輩の激論に同意せしめ、いわれなき檄文等したため候始末、職掌柄不届き」として禁固3年の刑を下した。この時、旧師・新居水竹以下十士の死を惜しみ、悲嘆痛飲して病気にかかり、1871年3月18日に没した。享年42歳。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 福田宰大著 『阿波の画人』、2014年、98-99頁