柴田義人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

柴田 義人(しばた よしひと、1930年 - 2002年12月10日)は、日本経済学者経済学博士北海道大学)。専門は経済原論北海学園大学名誉教授、元・北海学園大学学長

略歴[編集]

  • 樺太生まれ。
  • 1953年北海道大学法経学部卒。
  • 1958年同大学院経済学研究科博士課程修了後、北海学園大学経済学部助手。さらに、同年、同経済学部講師となる。
  • 1962年同経済学部助教授
  • 1966年イギリス・ケンブリッジ大学及びアメリカ・ハーバート大学研究員(~1967年)となる。
  • 1969年北海学園大学経済学部教授
  • 1975年同経済学部長・大学院経済学研究科長。
  • 1996年北海学園大学学長に就任するも間もなく急病により辞任した。
  • 2000年北海学園大学退職。同名誉教授。
  • この他、北海学園大学就職部長や同学生部長も務めた。
  • 2002年 前立腺がんの為、札幌市内の病院で死去した。

エピソード[編集]

  • 田中修とは、北海道大学の同期卒業であり、北海学園大学に於いてもほぼ同年で講師・助教授・教授となった為、よきライバルであり、良き友人であったという。また、柴田は、田中修らと共に北海学園大学経済学部草創期を支えた一人。また、田中修は、自身の病気が重篤となった為、自分の後任学長に柴田を推薦したという。

著書[編集]

  • 『現代資本主義の経済変動論』(新評論, 初版1970年・増補版1982年)
  • 佐藤和夫)共著『現代経済学の理論』(新評論, 1979年)

参考文献[編集]

  • 『北海学園大学経済論集 第38巻第3号』(北海学園大学経済学会、1991年3月)
先代:
田中修
北海学園大学経済学部長
第7代:1975年 - 1977年
次代:
吉井清一郎
先代:
田中修
北海学園大学大学院経済学研究科長
第4代:1975年 - 1977年
次代:
吉井清一郎
先代:
坂上孝幸
北海学園大学学長
第6代: 1996年 - 1996年
次代:
熊本信夫