推薦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

推薦(すいせん)とは、評価を要する一つの物事について、優れている、適しているなど高く評価した事物(個人個体集団、その他の事物)を、裁量権を有する相手に知らせて採用を促すこと(用例:「委員長に―する」「委員長―(※委員長が推薦するという意味)」「―文」「―状」「―図書」)。地位名誉責任などを伴う一つの立場に対して、就任するにふさわしい人や集団を推薦することは、推挙/吹挙/吹嘘(すいきょ)とも言う(用例:「委員長に―」「横綱に―」「新撰組を―」)。

概説[編集]

団体の場合、入会に構成員(会員党員など)の推薦を義務づけている場合がある。

世界における推薦[編集]

日本における推薦[編集]

選挙における「推薦」ならびに「推薦」と「支持」の違い[編集]

公職選挙法では「推薦し、支持し」という表記があるが(第百三十六条2項など)、その詳細についての規定はない。

一般的には、「推薦」は「支持」より強い支援を表明するものとされる。このどちらかを表明することは、公職選挙法に規定のある行動となるため、正式な支援表明として、選挙で重要視される。たとえば、「推薦」は候補者の選挙対策本部に人員を送って直接協力するが、「支持」は組織内で支援を呼びかけるにとどめると区別しているという。推薦の際には推薦者(多くは団体)が候補者に推薦状を与えるのが通例。

逆に、候補者が政党色を嫌い(あるいは政党側の思惑で)、敢えて「支持」にとどめるよう依頼する場合もある。さらに、公式には推薦も支持もしない「自主投票」だが、事実上推薦並みの支援をする場合もある。推薦・支持を受け入れるかは候補者に決定権があるため、受け入れを断られた党派が、独自に支援表明することもある。このような支援形態は勝手連と呼ばれる。勝手連による支援は公職選挙法上は意味を持たない。

入学試験における推薦[編集]

推薦入学を参照。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]