柳生駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
柳生駅
駅舎(2011年12月)
駅舎(2011年12月)
やぎゅう - Yagyū
TN 05 新古河 (3.0km)
(2.0km) 板倉東洋大前 TN 07
所在地 埼玉県加須市小野袋1834-4
駅番号 TN 06
所属事業者 東武鉄道
所属路線 TN 日光線
キロ程 23.6km(東武動物公園起点)
電報略号 ヤキ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
1,529人/日
-2014年-
開業年月日 1929年昭和4年)11月1日

柳生駅
配線図

新古河駅

1 2


STRg STRf
STR+BSr STR+BSl
STR+BSr STR+BSl
STRg STRf

板倉東洋大前駅

柳生駅(やぎゅうえき)は、埼玉県加須市小野袋にある東武鉄道日光線である。駅番号はTN 06

年表[編集]

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する地上駅。駅舎は東武日光方面ホーム側にあり、浅草方面ホームとは跨線橋により連絡している。PASMO対応自動改札機設置駅。構内トイレオストメイトに対応している。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 TN 日光線 上り 南栗橋東武動物公園
TS 東武スカイツリーライン 北千住とうきょうスカイツリー浅草方面
2 TN 日光線 下り 新栃木東武日光TN 鬼怒川線 鬼怒川温泉
TN 宇都宮線 東武宇都宮方面
  • 上記の路線名は旅客案内上の名称(「東武スカイツリーライン」は愛称)で表記している。
  • 2013年3月16日のダイヤ改正で、当駅は区間快速の停車駅から外され、また当駅から東武動物公園方面を乗り換え無しで結ぶ列車は、上りの始発列車(区間急行浅草行き)、下りの最終列車(区間急行新栃木行き)の各1本となった。当該列車以外で当駅 - 東武動物公園方面を行き来する場合は、南栗橋駅で乗り換えとなる。

利用状況[編集]

2014年度の1日平均乗降人員は1,529人である[1]

近年の1日平均乗降人員の推移は下記の通り。

年度別1日平均乗降人員[2]
年度 1日平均乗降人員
1998年(平成10年) 2,405
1999年(平成11年) 2,344
2000年(平成12年) 2,410
2001年(平成13年) 2,388
2002年(平成14年) 2,245
2003年(平成15年) 2,106
2004年(平成16年) 2,049
2005年(平成17年) 1,939
2006年(平成18年) 1,921
2007年(平成19年) 1,952
2008年(平成20年) 1,823
2009年(平成19年) 1,716
2010年(平成20年) 1,565
2011年(平成21年) 1,539
2012年(平成24年) 1,496
2013年(平成25年) 1,552
2014年(平成26年) 1,529

駅周辺[編集]

んぼの中の三県境点。が境界線となっている。向かって右側が栃木県、左側が埼玉県、奥が群馬県。

当駅の東北東約400mの地点に、埼玉・栃木群馬の3県が接する地点(三国境)がある。標識などはない。平地で3県が接する地点は、日本全国で当地のみである(他の地点はすべて山間部や河川上に存在する)。尚、この場所はかつて県境に沿って渡良瀬川が流れていた[3]

隣の駅[編集]

東武鉄道
TN 日光線
快速・区間快速
通過
区間急行・普通
新古河駅(TN 05) - 柳生駅(TN 06) - 板倉東洋大前駅(TN 07)

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]