柳川重信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

柳川 重信(やながわ しげのぶ、天明7年〈1787年〉 - 天保3年閏11月28日1833年1月18日〉)とは、江戸時代後期の浮世絵師

来歴[編集]

葛飾北斎の門人。姓は鈴木、名は重兵衛。雷斗、琴斎、鈴斎、雨蕉斎と号す。志賀理斎の子。江戸の生まれで本所柳川町に住んでいたので柳川を称した。北斎の門人となり師の画法を極め、北斎の長女お美与と結婚し養子になったが、後に離縁となる。この時、実家に帰ったともいわれる。雷斗の号は北斎から譲渡されたものである。お美与と離縁になって後、文政5年(1822年)から文政9年(1826年)ごろ大坂に移住し、「東都柳川重信」という署名で浪花名所の風景画を描いた。また役者絵も描き、上方絵師に影響を与え大坂の地で門弟も育てている。作品は錦絵と読本の挿絵が多い。また肉筆美人画も手がけている。滝沢馬琴の長編読本南総里見八犬伝』の挿絵の大部分を、養子の重山(後の二代目柳川重信)とともに担当した。その他に、為永春水人情本春色梅児誉美』の挿絵などを描いた。重信の美人画は葛飾派というより、同時期の歌川派渓斎英泉の影響の強い、独自の画風を持って知られたが、詰屈な点が多かった。享年46。墓所は台東区下谷坂本の宗慶寺にある。

門人に二代柳川重信、柳斎重春、柳川雪信、柳川国直がおり、みな浪花錦絵を描いた。

作品[編集]

参考文献[編集]

  • 『増訂浮世絵』- 藤懸静也(1946年、雄山閣)→近代デジタルライブラリー※238頁
  • 吉田漱 『浮世絵の基礎知識』 大修館書店、1987年
  • 吉田漱 『浮世絵の見方事典』 北辰堂、1987年

関連項目[編集]