永田生慈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

永田 生慈(ながた せいじ、昭和26年(1951年) - 平成30年(2018年2月6日[1])は、浮世絵研究家、美術史家、美術評論家。特に葛飾北斎の研究を精力的に行い、そのコレクションは現在、島根県立美術館に収蔵されている。

略歴[編集]

島根県津和野町生まれ。小学3年生の時、古本屋で北斎の『画本早引』の入手がきっかけで北斎に魅せられ、十代半ばから作品を収集し始める。浮世絵研究の先達・楢崎宗重を慕って立正大学文学部に入学[2]。在学時から、北斎専門研究雑誌『北斎研究』の発行・編集に関わった(2016年、第56号で休刊)。卒業後、1977年より浮世絵 太田記念美術館に勤務、元副館長兼学芸部長を務めた。その間にも国内外の北斎展の多くで監修し、1990年には郷里の津和野で葛飾北斎美術館を開設して館長を務めた(2015年閉館)。2016年にはフランスから、芸術文化勲章オフィシエを受賞している。2017年、コレクション2000点超[3]を島根県への寄贈を決めた[4]。2018年2月6日午前6時53分、肺癌のため川崎市病院で死去[1]。66歳没。永田コレクションは2019年、島根県立美術館で初公開された。

著書[編集]

  • 『北斎工芸図案帖 今様櫛キセル[5]雛形』 岩崎美術社(双書美術の泉) 1983
  • 『葛飾北斎年譜』 三彩新社 1985
  • 『北斎の絵手本』全5巻 岩崎美術社 1986
  • 北斎漫画』全3巻 岩崎美術社 1986
  • 『江戸木版本集成』全5巻 芸艸堂 1987
  • 『北斎と葛飾派の下絵』 岩崎美術社(双書美術の泉) 1987
  • 『北斎の狂歌絵本』 岩崎美術社 1987
  • 『北斎美術館』全5巻 集英社 1990
  • 『北斎 世界を魅了した絵本』 三彩社 1991
  • 『資料による近代浮世絵事情』三彩社 1992
  • 『葛飾北斎 東海道五十三次』 岩崎美術社 1994
  • 『葛飾北斎論集』 東洋書院 1994
  • 『HOKUSAI:genius of the japanese ukiyo-e』 講談社インターナショナル 1995
  • 『葛飾北斎』 吉川弘文館(歴史文化ライブラリー) 2000
  • 『葛飾北斎 すみだが生んだ世界の画人』 墨田区文化振興財団 2006
  • 『北斎画本早引 江戸文化イラスト百科』 東京美術 2011
  • 『葛飾北斎の本懐』角川選書 2017
  • 『北斎絵手本集成 壱』 芸艸堂 2018

編著[編集]

  • 『浮世絵八華 5 [北斎』平凡社 1984
  • 『浮世絵』山口桂三郎共著 ブレーン出版 1990
  • 『名品揃物浮世絵 8 北斎 1(大錦揃物)』楢崎宗重共編 ぎょうせい 1991
  • 『名品揃物浮世絵 9 北斎 2(花鳥・浮絵・洋風版画ほか)』ぎょうせい 1992
  • 『名画と出会う美術館 第7巻 粋の美浮世絵』小学館 1992
  • 『江戸名作画帖全集 9 北斎・歌麿国貞 浮世絵』駸々堂出版 1992
  • 『北斎』ソフィア 1993
  • 『日本の浮世絵美術館』全6 角川書店 1996
  • 冨獄三十六景 葛飾北斎』小学館 1998
  • 『北斎肉筆画大成』小学館 2000
  • 『北斎漫画』全3巻 東京美術 2002-2003
  • 『もっと知りたい葛飾北斎 生涯と作品』 (アート・ビギナーズ・コレクション)監修. 東京美術, 2005
  • 『北斎絵事典 完全版』監修. 東京美術 2011
  • 『北斎クローズアップ 1 (伝説と古典を描く)』監修・著. 東京美術, 2014
  • 『限定版 新撰葛飾北斎永寿堂版「冨嶽三十六景」』監修 小学館 2014
  • 『北斎クローズアップ 3 (江戸の美人と市井の営み)』監修・著. 東京美術, 2015
  • 『北斎漫畵武芸百般』監修・解説. 芸艸堂 2015
  • 『北斎漫畵伝説百話』監修・解説. 芸艸堂, 2015
  • 『北斎漫畵花鳥百種』監修・解説. 芸艸堂, 2015
  • 『北斎漫畵山水百景』監修・解説. 芸艸堂, 2015
  • 『北斎漫畵動物百匹』監修・解説. 芸艸堂, 2015
  • 『北斎漫畵人物百態』監修・解説. 芸艸堂, 2015
  • 『肉筆浮世絵 美の競艶 シカゴウェストンコレクション』監修. 小学館スクウェア, 2015
  • 『北斎クローズアップ 2 (生きるものへのまなざし)』監修・著. 東京美術, 2015
  • 『北斎]クローズアップ 4』監修・著 東京美術 2016
  • 『北斎漫画 全十五冊・別冊解説付』芸艸堂 2017

脚注[編集]

  1. ^ a b 永田生慈氏が死去 北斎研究の第一人者 日本経済新聞、2018年2月6日
  2. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.487
  3. ^ 『永田生慈 北斎コレクション一〇〇選』 p.2。
  4. ^ 北斎コレクション1000点を寄贈 第一人者の永田生慈さんが出身地の島根県に 産経新聞WEST(2017年8月22日)2017年8月24日閲覧
  5. ^ 竹冠に手偏に「金」。

参考文献[編集]

  • 島根県立美術館編集・発行 『永田生慈 北斎コレクション一〇〇選』 2019年2月8日

関連項目[編集]