染野太朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

染野 太朗(そめの たろう、1977年10月21日[1] - )は、歌人茨城県生まれ、埼玉県に育つ。福岡市在住。

高校生のときに短歌を始め、1995年に歌誌「まひる野」入会。国際基督教大学教養学部卒業後[2]国語教員免許を取得するために早稲田大学第二文学部に学士入学、「早稲田大学短歌会」に参加する[3]2004年より私立中高一貫校教員として勤務。2012年、第1歌集『あの日の海』で第18回日本歌人クラブ新人賞を受賞[4]2015年4月より1年間、NHKテレビ「NHK短歌」選者を担当。2018年、第2歌集『人魚』で第48回福岡市文学賞を受賞。笹井宏之賞の選考委員を務める。

著書[編集]

出演番組[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『短歌研究 2014年12月号(2015短歌年鑑)』(短歌研究社、2014年)巻末「歌壇名簿」より
  2. ^ NHK短歌 短歌選者紹介”. NHK. 2015年5月24日閲覧。
  3. ^ 今を輝く同窓生たちのインタビュー 歌人・教員 染野太朗
  4. ^ 日本歌人クラブの賞~ 平成24年の賞 ~

外部リンク[編集]