柏原市立国分小学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
柏原市立国分小学校

Kashiwara City Kokubu elementary school.jpg

過去の名称 堺県第二十五番小学校
安宿部郡国分小学校
安宿部郡国分尋常高等小学校
南河内郡国分尋常高等小学校
南河内郡国分尋常小学校
南河内郡国分国民学校
国分町立小学校
柏原町立国分小学校
国公私立の別 公立学校
設置者 柏原市
設立年月日 1873年3月22日
創立者 南河内郡国分村ほか
共学・別学 男女共学
学期 3学期制
所在地 582-0021
外部リンク 公式サイト
プロジェクト:学校/小学校テンプレート
テンプレートを表示

柏原市立国分小学校(かしわらしりつ こくぶしょうがっこう)は、大阪府柏原市にある公立小学校

沿革[編集]

明治時代初期の学制発布に伴い、安宿部郡国分村に1873年3月22日堺県第二十五番小学校として開校した。開校当時の通学区域は、安宿部郡国分村・片山村(町村制実施で玉手村の一部)・高井田村(町村制実施で堅下村の一部)だった。

その後学校制度の変遷を経て、国分尋常高等小学校となった。1887年には安宿部郡玉手村および円明村(町村制実施で玉手村に合併)を通学区域に編入し、さらに町村制の実施により安宿部郡(1896年南河内郡)国分村・玉手村の2村を校区とした。国分村・玉手村は1931年6月1日に合併し、南河内郡国分村(1941年4月1日町制施行で国分町)となっている。

1941年4月1日には国民学校令の実施により、南河内郡国分国民学校となった。さらに1947年学制改革では、国分町立小学校に改編している。

南河内郡国分町は1956年9月30日、合併によって中河内郡柏原町となった。これに伴い同日付で柏原町立国分小学校に改称した。さらに柏原町は1958年10月1日に市制を施行して柏原市となり、同日付で柏原市立国分小学校に改称した。

地域の宅地化により1970年代以降、玉手(1973年)・旭ヶ丘(1981年)・国分東(2000年)の3小学校が、国分小学校より分離開校している。

年表[編集]

通学区域[編集]

  • 柏原市 国分本町1丁目-7丁目、国分市場1丁目の一部、国分市場2丁目の一部、田辺1丁目-2丁目、国分東条町の一部、大字高井田のうち通称高井田東住宅地区。
卒業生は柏原市立国分中学校に進学する。

交通[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]