林芳樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
林 芳樹
(はやし よしき)
生誕 (1954-04-09) 1954年4月9日(65歳)
居住 日本の旗 日本
研究分野 社会学教育学
研究機関 椙山女学園大学
静岡県立大学
出身校 東京大学教育学部卒業
東京大学大学院教育学研究科
修士課程修了
東京大学大学院教育学研究科
博士課程単位取得満期退学
主な業績 教育システム比較社会学
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

林 芳樹(はやし よしき、1954年4月9日 - )は、日本社会学者教育学者教育社会学)。学位教育学修士東京大学1980年)。静岡県立大学国際関係学部教授大学院国際関係学研究科教授。

椙山女学園大学教授、静岡県立大学大学院国際関係学研究科研究科長などを歴任した。

来歴[編集]

幼少年期[編集]

1954年4月に生まれた[1]東京大学に進学し、教育学部教育学科にて教育学を学び、1978年に卒業した[2]。その後、東京大学の大学院に進学し、教育学研究科に在籍した。1980年修士課程を修了し、1985年博士課程を単位取得満期退学した[2]。なお、修士課程修了に際して、東京大学から教育学修士学位が贈られた[3]

青壮年期[編集]

東京大学の大学院を単位取得満期退学した1985年、椙山女学園大学に採用され、講師に就任した[4]。以来、長年にわたって、椙山女学園大学にて教鞭を執った。1988年には助教授に、1996年には教授に昇任した[4]。また、その間には他の役職も兼任しており、1993年からはフランス社会科学高等研究院にて客員研究員を務めた[4]1998年静岡県立大学に転じ、教授に就任した[4]。現在は、静岡県立大学の国際関係学部にて、国際言語文化学科の教授を務めている[1]。また、兼任する役職として、静岡県立大学の大学院にて、国際関係学研究科の教授を務めている[1]。さらに、国際関係学研究科の研究科長に選任された[1]

研究[編集]

東京大学教育学部在学時より、教育学と社会学の双方に関連が深い社会教育学を専門としている。具体的な研究の主題としては、比較社会学の見地からさまざまな教育制度を比較、分析している[5]。フランスの社会科学高等研究院で客員研究員を務めるなど、フランス社会に造詣が深い。フランスの高等教育機関であるグランゼコールを取り上げた論考をはじめ[6][7]、フランスの人材育成についての論考や[8][9]、フランスの教員人事についての研究など[10][11]フランスの教育に焦点をあてた論考を数多く発表している。

略歴[編集]

著作[編集]

共著[編集]

寄稿[編集]

  • 林芳樹稿「『非行』の社会学的研究――ラベリング論の視点から」『日本教育社会学会大会発表要旨集録』33号、日本教育社会学会、1981年9月12日、76-77頁。
  • 林芳樹稿「社会問題としての『非行』――社会的意味の観点から」『日本教育社会学会大会発表要旨集録』34号、日本教育社会学会、1982年10月2日、112-113頁。
  • 林芳樹稿「社会問題としての非行――社会的意味の観点から」『東京大学教育学部紀要』22巻、東京大学教育学部1983年3月15日、183-192頁。ISSN 0495-7849
  • 大久保直明ほか稿「中・高一貫教育に関する実証的研究(1)――小学生の親の教育意識を中心に」『日本教育社会学会大会発表要旨集録』35号、日本教育社会学会、1983年10月21日、27-32頁。
  • 松本良夫ほか稿「『逸脱と教育』に関する研究の動向」『教育社会学研究』39集、日本教育社会学会、1984年9月30日、92-109頁。ISSN 0387-3145
  • 林芳樹稿「教育と文化的再生産――<La Distinction>を読む」『椙山女学園大学研究論集』18巻1号、椙山女学園大学1987年、159-176頁。
  • 林芳樹稿「教育と文化的再生産――<La Distinction>を読む(研究ノート2)」『椙山女学園大学研究論集』19巻1号、椙山女学園大学、1988年、161-175頁。
  • 林芳樹稿「高野桂一著『生徒規範の研究――生徒規則の法社会学的見方・考え方』」『教育社会学研究』43集、日本教育社会学会、1988年10月3日、189-192頁。ISSN 0387-3145
  • 林芳樹稿「教育と文化的再生産――<La Distinction>を読む3」『椙山女学園大学研究論集』20巻1号、椙山女学園大学、1989年、105-117頁。
  • 林芳樹稿「教育と文化的再生産――<La Distinction>を読む4」『椙山女学園大学研究論集』21巻1号、椙山女学園大学、1990年、149-163頁。
  • 林芳樹稿「文化のエコノミー1――ピェール・ブルデューの文化の社会理論における『文化なるもの』」『椙山女学園大学研究論集』22巻1号、椙山女学園大学、1991年、175-188頁。
  • 林芳樹稿「ピェール・ブルデューと『文体』――境界、あるいは分類の侵犯」『椙山女学園大学研究論集』23巻1号、椙山女学園大学、1992年、163-178頁。
  • 林芳樹稿「鮎川潤著『少年非行の社会学』」『教育社会学研究』57集、日本教育社会学会、1995年10月20日、202-204頁。ISSN 0387-3145
  • 林芳樹稿「フランス第3共和政におけるエリート養成――政治科学自由学院をめぐって」『椙山女学園大学研究論集社会科学篇』27号、椙山女学園大学、1996年、191-205頁。ISSN 1340-4059
  • 林芳樹稿「知の場の生成――フランス第三共和政におけるエリート大学人」『椙山女学園大学研究論集社会科学篇』28号、椙山女学園大学、1997年、323-339頁。ISSN 1340-4059
  • 林芳樹稿「矢島正見著『少年非行文化論』」『教育社会学研究』60集、日本教育社会学会、1997年5月15日、159-161頁。ISSN 0387-3145
  • 林芳樹稿「フランス教育システムとエリート養成――グランド・ゼコル準備級」『静岡県立大学国際関係学部研究紀要』13号、静岡県立大学国際関係学部2000年、1-12頁。ISSN 0916-2925
  • 林芳樹稿「グランド・ゼコル準備級の階層構造」『静岡県立大学国際関係学部研究紀要』14号、静岡県立大学国際関係学部、2001年、29-42頁。ISSN 0916-2925
  • 竹内洋ほか稿「メリット・階級・カリキュラム――エリート中等学校の比較研究」『日本教育社会学会大会発表要旨集録』53号、日本教育社会学会、2001年10月6日、332-337頁。
  • 林芳樹稿「柴野昌山著『文化伝達の社会学』」『社会学評論』52巻4号、日本社会学会2002年3月31日、585-587頁。ISSN 0021-5414
  • 林芳樹稿「メリトクラシーと教授団(I)――19世紀末フランス教授団の再生」『国際関係・比較文化研究』2巻2号、静岡県立大学国際関係学部、2004年3月30日、277-298頁。ISSN 1348-1231
  • 林芳樹稿「メリトクラシーと教授団(II)――教授経歴の変容」『国際関係・比較文化研究』4巻1号、静岡県立大学国際関係学部、2005年9月16日、129-146頁。ISSN 1348-1231
  • 林芳樹稿「『紳士』と『学者』――19世紀末フランス哲学の防衛」『国際関係・比較文化研究』5巻2号、静岡県立大学国際関係学部、2007年3月、329-347頁。ISSN 1348-1231
  • 林芳樹稿「自己分析と反省性――ピエール・ブルデューの『回心』をめぐって」『国際関係・比較文化研究』7巻2号、静岡県立大学国際関係学部、2009年3月、219-237頁。ISSN 1348-1231

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 「教員情報詳細」『教員情報詳細:静岡県立大学教員データベース静岡県立大学
  2. ^ a b 「最終学歴」『教員情報詳細:静岡県立大学教員データベース静岡県立大学
  3. ^ 「学位」『教員情報詳細:静岡県立大学教員データベース静岡県立大学
  4. ^ a b c d 「主な経歴」『教員情報詳細:静岡県立大学教員データベース静岡県立大学
  5. ^ 「主要研究テーマ」『教員情報詳細:静岡県立大学教員データベース静岡県立大学
  6. ^ 林芳樹「フランス教育システムとエリート養成――グランド・ゼコル準備級」『静岡県立大学国際関係学部研究紀要』13号、静岡県立大学国際関係学部2000年、1-12頁。
  7. ^ 林芳樹「グランド・ゼコル準備級の階層構造」『静岡県立大学国際関係学部研究紀要』14号、静岡県立大学国際関係学部2001年、29-42頁。
  8. ^ 林芳樹「フランス第3共和政におけるエリート養成――政治科学自由学院をめぐって」『椙山女学園大学研究論集社会科学篇』27号、椙山女学園大学1996年、191-205頁。
  9. ^ 林芳樹「知の場の生成――フランス第三共和政におけるエリート大学人」『椙山女学園大学研究論集社会科学篇』28号、椙山女学園大学1997年、323-339頁。
  10. ^ 林芳樹「メリトクラシーと教授団(I)――19世紀末フランス教授団の再生」『国際関係・比較文化研究』2巻2号、静岡県立大学国際関係学部2004年3月30日、277-298頁。
  11. ^ 林芳樹「メリトクラシーと教授団(II)――教授経歴の変容」『国際関係・比較文化研究』4巻1号、静岡県立大学国際関係学部2005年9月16日、129-146頁。

関連人物[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

学職
先代:
西山克典
静岡県立大学大学院
国際関係学研究科研究科長

2009年 -
次代:
(現職)