松本慎一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

松本 慎一(まつもと しんいち、1901年11月8日 - 1947年11月26日)は、日本社会運動家。

来歴[編集]

愛媛県出身。東京帝国大学卒。三省堂勤務。1932年日本共産党に入党し、1934年に検挙された。のち雑誌『国際評論』や『世界年鑑』の編集、国際政治に関する評論を書く。戦後、全日本印刷出版労働組合書記長。尾崎秀実と親交があった。1947年第1回参議院議員通常選挙全国区から共産党公認で立候補したが落選した[1]

著名な中国研究者・評論家である橘樸の著書『中華民国三十年史』(岩波新書)は、実際には松本によって執筆された[2]

著書[編集]

共編著[編集]

翻訳[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『国政選挙総覧 1947-2016』539頁。
  2. ^ 中島義勝「戦争の中の岩波新書」『日本出版史料 3 制度・実態・人』(日本エディタースクール出版部、1997)所収

参考文献[編集]