松木邦裕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
松木 邦裕
(まつき くにひろ)
生誕 松木 邦裕
(まつき くにひろ)
1950年11月6日生まれ
日本の旗 日本佐賀県佐賀市
居住 日本の旗 日本
イギリスの旗 イギリス
国籍 日本の旗 日本
研究分野 精神医学
精神分析学
対象関係論
研究機関 熊本大学医学部
九州大学医学部
イギリスの旗 タビストック・クリニック
京都大学教育学部
京都大学大学院教育学研究科
出身校 熊本大学医学部医学科
影響を
受けた人物
西園昌久
牛島定信
主な受賞歴 日本精神分析学会奨励賞1990年
プロジェクト:人物伝

松木 邦裕(まつき くにひろ、1950年11月6日 - )は、日本医学者精神科医精神分析家京都大学名誉教授[1]

来歴[編集]

京都大学大学院教育学研究科附属臨床教育実践研究センター教授[1]。2016年定年退任、名誉教授。

受賞歴[編集]

学会[編集]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『対象関係論を学ぶ—クライン派精神分析入門』 岩崎学術出版社1996年ISBN 9784753396054
  • 『摂食障害の治療技法—対象関係論からのアプローチ』 金剛出版1997年ISBN 9784772405607
  • 『精神病というこころ—どのようにして起こりいかに対応するか』 新曜社2000年ISBN 9784788507319
  • 『精神科臨床での日常的冒険—限られた風景の中で』 金剛出版、2001年ISBN 9784772406857
  • 『分析臨床での発見—転移・解釈・罪悪感』 岩崎学術出版社、2002年ISBN 9784753302109
  • 『分析空間での出会い—逆転移から転移へ』 人文書院2003年ISBN 9784409390016
  • 『私説 対象関係論的心理療法入門—精神分析的アプローチのすすめ』 金剛出版、2005年ISBN 9784772408790
  • 『摂食障害というこころ—創られた悲劇/築かれた閉塞』 新曜社、2008年ISBN 9784788511064
  • 『精神分析体験:ビオンの宇宙―対象関係論を学ぶ立志編』 岩崎学術出版社、2009年ISBN 9784753309023
  • 『分析実践の進展—精神分析臨床論考集』 創元社2010年ISBN 9784422114408
  • 『精神分析臨床家の流儀』 金剛出版、2010年ISBN 9784772411509
  • 『不在論—根源的苦痛の精神分析』 創元社、2011年ISBN 9784422115238
  • 『耳の傾け方 こころの臨床家を目指す人たちへ』岩崎学術出版社 2015
  • 『こころに出会う 臨床精神分析 その学びと学び方』創元社

共著[編集]

  • 『「現代のエスプリ」別冊 現代の精神分析家シリーズ オールアバウト「メラニー・クライン」』編 至文堂 2004
  • 『心理臨床の広がり』岸本寛史,氏原寛,皆藤章,大塚義孝共著 新曜社 帝塚山学院大学大学院〈公開カウンセリング講座〉 2009
  • 『松木邦裕との対決 精神分析的対論』細澤仁編 岩崎学術出版社 2012
  • 藤山直樹、細澤仁共著 『精神分析を語る』 みすず書房、2013年ISBN 9784622077909
  • 瀧井正人鈴木智美共著 『摂食障害との出会いと挑戦—アンチマニュアル的鼎談』 岩崎学術出版社、2014年ISBN 9784753310791
  • 『夢、夢見ること』藤山直樹共著 創元社 こころの臨床セミナーBOOK 2015
  • 『精神分析の本質と方法』藤山直樹共著 創元社 こころの臨床セミナーBOOK 2015

共編著[編集]

翻訳[編集]

  • 『クライン派の臨床 ハンナ・スィーガル論文集』岩崎学術出版社 現代精神分析双書 1988
  • パトリック・ケースメント『患者から学ぶ ウィニコットとビオンの臨床応用』岩崎学術出版社 1991
  • E.B.スピリウス編『メラニー・クライントゥデイ』全3巻 監訳 岩崎学術出版社 1993‐2000
  • ウィルフレッド・R.ビオン『ビオンの臨床セミナー』祖父江典人共訳 金剛出版 2000
  • ロナルド・ブリトン『信念と想像 精神分析のこころの探求』監訳 古賀靖彦訳 金剛出版 2002
  • 『対象関係論の基礎 クライニアン・クラシックス』編・監訳 新曜社 2003
  • パトリック・ケースメント『あやまちから学ぶ 精神分析と心理療法での教義を超えて』監訳 岩崎学術出版社 2004
  • J.ミルトン,C.ポルマー,J.ファブリシアス『精神分析入門講座 英国学派を中心に』監訳 浅野元志訳 岩崎学術出版社 2006
  • ウィルフレッド・R.ビオン『再考 精神病の精神分析論』監訳 中川慎一郎訳 金剛出版 2007
  • パトリック・ケースメント『人生から学ぶ ひとりの精神分析家になること』監訳 山田信訳 岩崎学術出版社 2009
  • ドナルド・メルツァー『精神分析過程』監訳 飛谷渉訳 金剛出版 2010
  • キャロライン・ガーランド編『トラウマを理解する 対象関係論に基づく臨床アプローチ』監訳 田中健夫, 梅本園乃訳 岩崎学術出版社 2011
  • R.ケイパー『米国クライン派の臨床 自分自身のこころ』監訳 池田暁史,久保田圭子, 坂井俊之, 藤巻純, 古川俊一,別所晶子訳 岩崎学術出版社 2011
  • ドナルド・メルツァー『こころの性愛状態』古賀靖彦共監訳 金剛出版 2012
  • ドナルド・メルツァー『クライン派の発展』監訳 世良洋, 黒河内美鈴訳 金剛出版 2015

関連書籍[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 松木邦裕 『不在論—根源的苦痛の精神分析』 創元社、2011年ISBN 9784422115238
  2. ^ 京都大学 - 教育研究活動データベース

関連人物[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]