西園昌久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

西園 昌久(にしぞの まさひさ、1928年 - )は日本の医学者、精神科医福岡大学名誉教授。

略歴[編集]

福岡県生まれ。1953年九州大学医学部卒業。59年「神経症に関する臨床的研究」で医学博士。71年九州大学医学部助教授。73年福岡大学医学部教授。医学部長。93-2001年WHO協力センター(福岡大学)所長。99年定年退任、名誉教授。心理社会的精神医学研究所開設。日本精神神経学会、日本精神分析学会、西太平洋地域医学教育連合、環太平洋精神科医会議、アジア児童思春期精神医学会、多文化間精神医学会、日本精神分析協会の会長。

著書[編集]

  • 『薬物精神療法』医学書院 1967
  • 『精神分析の理論と実際 神経症編』金剛出版 1975
  • 『精神分析の理論と実際 精神病編』金剛出版 1976
  • 『新しい精神医学と看護 力動的理解と実践』医学書院 1977
  • 『精神分析 自らの人間性の理解のために』旺文社 1981 ラジオ大学講座
  • 『精神分析治療の展開』金剛出版 1983
  • 『精神分析を語る こころの深層への道』岩崎学術出版社 1985
  • 『精神分析治療の進歩』金剛出版 1988
  • 『精神分析技法の要諦』金剛出版 1999
  • 『精神医学の現在』中山書店 2003
  • 『精神療法入門』中山書店 2010 西園精神療法ゼミナール
  • 『精神療法の現場から 実践力動的精神療法』中山書店 2011 西園精神療法ゼミナール
  • 『力動的精神療法』中山書店 2011 西園精神療法ゼミナール

共編著[編集]

  • 『家族精神医学』編集企画 金原出版 1982 精神科mook
  • 『青年期の精神病理と治療』編 金剛出版 1983
  • 『日本・アジア・北アメリカの精神療法』ジョー・ヤマモト共編 弘文堂 1988
  • 『ライフサイクル精神医学』編 医学書院 1988
  • 『思春期の精神障害 今日的問題』編 ライフ・サイエンス 1993 精神医学レビュー
  • 『環太平洋諸国と21世紀精神医学』編 金剛出版 1998
  • 『SSTの技法と理論 さらなる展開を求めて』編著 金剛出版 2009

翻訳[編集]

  • ルドルフ・アラーズ『実存主義と精神医学』板谷順二共訳 岩崎書店 1965 現代精神分析双書
  • メラニー・クライン著作集 1(1921~1931)子どもの心的発達』牛島定信と責任編訳 誠信書房 1983
  • メラニー・クライン著作集 3(1933~1945).愛、罪そして償い』牛島定信共編訳 誠信書房 1983
  • マイケル・シェファード編『世界の精神科医は語る 私の研修時代および精神医学の現状と未来』監訳 金剛出版 1985
  • G.コーホン編『英国独立学派の精神分析 対象関係論の展開』監訳 岩崎学術出版社 1992 現代精神分析双書
  • O.F.カーンバーグ『重症パーソナリティ障害 精神療法的方略』監訳 岩崎学術出版社 1996 現代精神分析双書

関連人物[編集]

外部リンク[編集]