松山智一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

松山 智一(まつやま ともかず、1976年4月30日 - )は、アメリカニューヨーク在住の日本現代美術家

絵画を中心に彫刻インスタレーションも手がける。作品には、東洋西洋古代現代具象抽象といった両極の要素が見られ、これは日本とアメリカの両国で育った自らの経験が反映されている。また、江戸時代明治時代の日本美術、古代ギリシャローマ帝国の彫刻、フランスルネッサンス期の絵画、戦後コンテンポラリーアートなど、様々な影響を受けている[1]

来歴[編集]

岐阜県高山市(旧・吉城郡国府町)出身、少年時代をアメリカで過ごす。桑沢デザイン研究所夜間部ビジュアルデザイン科[2]上智大学経済学部卒業後、2002年に再び渡米。ニューヨーク私立美術大学院プラット・インスティテュートコミュニケーションズ・デザイン科を首席で卒業。

これまでに日本、ニューヨーク、ワシントンD.C.サンフランシスコロサンゼルス等の全米主要都市、ドバイ香港台北ルクセンブルク等、世界各地のギャラリー、美術館、大学施設等にて 個展・展覧会を多数開催。

アメリカ西海岸最大の美術館であるロサンゼルス・カウンティ美術館(LACMA)、サンフランシスコ・アジア美術館、マイクロソフトコレクション、ドバイの王室コレクション、中東が誇るBank of Sharjahコレクション、オーストラリアのPt.Leo彫刻庭園、アメリカのアンドレ・バラッツ・ホテルグループやコスモポリタン・ホテルグループなどに、多数の作品が所蔵されている。

2012年から2017年5月までの5年間、ニューヨーク私立美術大学スクール・オブ・ビジュアル・アーツ(SVA)のAdjunct Professorを勤めた。2013年4月、ハーバード大学からの招待を受けてアーティストプレゼンテーションを実施[3]。同年9月には同大学にて個展が開催された。

現在はニューヨーク・ブルックリンにスタジオを構えている。2019年9月にはニューヨークのハウストン・バウリー・ウォールに巨大壁画を完成させ、TBS情熱大陸で特集された[4]。2021年1月には、NHK BS1にて特集が組まれた[5]。2021年には、NHKにて、1時間のドキュメンタリー番組「ザ・ヒューマン」(BS1)をはじめ、「日曜美術館」(Eテレ)にて特集される。「美術手帖」2021年6月号にて、「松山智一」アウトサイダーが挑む芸術言語の創造として特集が組まれる。2021年5月には日本国内初作品集「IN & OUT」および美術手帖にて「松山智一」一冊特集号が刊行された。2021年8月、アメリカの大型画廊Kavi Gupta Galleryとパートナーシップを組み、来年1月に個展の開催を予定している。

展示会[編集]

個展[編集]

  • No Place Like Home(Zidoun-Bossuyt Gallery ルクセンブルク、2018年)[6]
  • Same Same, Different(LUMINE 0 東京、2017年)[7]
  • Oh Magic Night(HOCA Foundation 香港、2017年)
  • Baby It's Cold Outside(Lesley Kehoe Galleries メルボルン、2017年)
  • Somewhere Here(Zidoun-Bossuyt Gallery ルクセンブルク、2015年)[8]
  • 17 Hours(オーストラリア現代美術館 シドニー、2015年)
  • The Sky Is The Limit(Harbour City 香港、2014年)
  • Palimpsest (ハーバード大学 ボストン、2013年)
  • New Works by Tomokazu Matsuyama(Mark Moore Gallery ロスアンゼルス、2012年)
  • The Future Is Always Bright(Gallery Wendi Norris サンフランシスコ、2012年)[9]
  • Thousand Regards - Tomokazu Matsuyama (アメリカン大学美術館 Katzen Arts Center ワシントンD.C.、2012年)

主なグループ展[編集]

  • FIXED CONTAINED(KOTARO NUKAGA 東京、2019年)[10]
  • Re:define(Dallas Contemporary ダラス、2017年)
  • Mess in’ With The Masters(Mesa Contemporary Arts Center アリゾナ、2013年)
  • Edo-Pop, The Graphic Impact of Japanese Prints(ジャパン・ソサエティー ニューヨーク、2013年)
  • Changing World Through Art(Marianne Boesky Gallery ニューヨーク、2013年)
  • Re:define(The Goss-Michael Foundation ダラス、2012年)
  • untitled(Museum of Tibet House ニューヨーク、2011年)
  • Sugi- PoP! The Influence of Anime and Manga on Contemporary Art(Portsmouth Museum of Art ニューハンプシャー、2010年)
  • DRAW(Museo De La Ciudad de Mexico メキシコ、2010年)
  • Changing World Through Art(Haunch of Venison Gallery ニューヨーク、2010年)
  • Lost in Mutation: The Surreal in Contemporary Japanese Art(タフツ大学美術館 ボストン、2009年)
  • 眼差しと好奇心(ミヅマアートギャラリー 東京、2008年)[11]
  • U Can’t Touch This: The New Asian Art, Zone(Chelsea Center for the Art ニューヨーク、2007年)
  • Project To Surface(M127 ニューヨーク、2007年)

主なプロジェクト[編集]

  • Beverly Hills Mural(ビバリーヒルズ、2019年)
  • Houston Bowery Wall(ニューヨーク、2019年)
  • Peanuts Global Art Collective(ニューヨーク、2018-19年)[12]
  • Harbour City(香港、2014年)
  • ハーバード大学でのアーティストプレゼンテーション(マサチューセッツ、2013年)[3]

書籍[編集]

  • Fixed Contained(KOTARO NUKAGA、2019年)
  • No Place Like Home(Zidoun-Bussuyt Gallery、2018年)
  • Tomokazu Matsuyama(HOCA Foundation、2017年)
  • Tomokazu Matsuyama(Zidoun-Bussuyt Gallery、2016年)
  • A Thousand Regards-Tomokazu Matsuyama(パノラマ、2013年)
  • Further(GingkoPress社、2009年)
  • Tomokazu Matsuyama(パノラマ、2009年)
  • Found Modern Library(GingkoPress社、2007年)

出演・掲載[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Tomokazu Matsuyama”. KOTARO NUKAGA (2018年). 2021年2月9日閲覧。
  2. ^ ニューヨークで生き抜くために獲得したDIYの芸術言語。インタビュー:松山智一”. 美術手帖. 2022年2月12日閲覧。
  3. ^ a b A World Citizen, Visualizing the Glocal (Global + Local) Condition” (英語). Edwin O. Reischauer Institute of Japanese Studies. ????-??-??閲覧。[リンク切れ]
  4. ^ a b 松山智一(美術家)”. MBS 情熱大陸. 2021年2月9日閲覧。
  5. ^ a b 2021年1月9日(土) ザ・ヒューマン「松山智一 〜届けなければアートはゴミだ〜」”. テムジン. 2021年2月9日閲覧。
  6. ^ No place like home Exhibition - Selected works” (英語). Zidoun & Bossuyt. 2021年2月9日閲覧。
  7. ^ NYで活躍する現代アーティスト松山智一個展「Same Same, Different」開催!”. LUMINE. 2021年2月9日閲覧。
  8. ^ Somewhere Here Exhibition - Selected works” (英語). Zidoun & Bossuyt. 2021年2月9日閲覧。
  9. ^ Tomokazu Matsuyama | The Future is Always Bright” (英語). Gallery Wendi Norris | San Francisco. 2021年2月9日閲覧。
  10. ^ FIXED CONTAINED”. KOTARO NUKAGA. 2021年2月9日閲覧。
  11. ^ グループ展「眼差しと好奇心」Vol.4(TOKYO)”. MIZUMA ART GALLERY. 2021年2月9日閲覧。
  12. ^ TOMOKAZU MATSUYAMA” (英語). Peanuts Global Artist Collective. 2021年2月9日閲覧。
  13. ^ Fukasawa, Keita (2019年10月23日). “ニューヨークが認めた異才、松山智一が語るアーティストの使命”. Numéro TOKYO. 2021年2月9日閲覧。
  14. ^ サトータケシ (2019年10月20日). “アメリカでいちばん有名な壁にパブリックアートを描いた日本人|美術家・松山智一にインタビュー”. GQ JAPAN. 2021年2月9日閲覧。
  15. ^ 守屋美佳 (2019年10月20日). “「NYの聖地」に作品を残したアーティスト 松山智一が世界に名を馳せるまで”. Forbes JAPAN. 2021年2月9日閲覧。
  16. ^ “美術家/松山智一 異色の経歴を持つ、気鋭のアーティスト ニューヨークでアートの歴史に名を刻む”. 毎日新聞. (2019年10月18日). https://mainichi.jp/articles/20191018/org/00m/200/004000c 2021年2月9日閲覧。 
  17. ^ アーティスト・松山智一「ニューヨークの“夢の壁”で僕が表現したかったこと」 | 米国で話題のアートの「創作秘話」”. クーリエ・ジャポン (2019年10月20日). 2021年2月9日閲覧。
  18. ^ 現代アートとは自分流に「時代を切り取る」仕事|「1日2ドル」の生活から世界市場へ” (日本語). PRESIDENT Online (2019年10月20日). 2021年2月9日閲覧。
  19. ^ Japanese Artist Matzu Takes Over Bowery Mural With Artwork Representing NYC and Multiculturalism” (英語). NBC New York. 2021年2月9日閲覧。
  20. ^ Tomokazu Matsuyama Takes over the Iconic Houston Bowery Wall”. HYPEBEAST (2019年9月24日). 2021年2月9日閲覧。
  21. ^ Treaster, Joseph B.; Cromwell, Rose Marie (2019年10月23日). “In Miami, the Murals Are the Message (Published 2019)” (英語). The New York Times. ISSN 0362-4331. https://www.nytimes.com/2019/10/23/arts/design/miami-murals-wynwood.html 2021年2月9日閲覧。 
  22. ^ 木梨憲武 アートって何だ?ニューヨークMoMAの秘密”. BS朝日. 2021年2月9日閲覧。
  23. ^ Schonberger, Nick; Pasori, Cedar (2012年6月2日). “Tomokazu Matsuyama | 25 Young Painters You Need To Know” (英語). Complex. 2021年2月9日閲覧。
  24. ^ Morency, Alex; Schonberger, Nick (2013年4月13日). “Tomokazu Matsuyama | The 100 Most Influential Artists Of The Complex Decade” (英語). Complex. 2021年2月9日閲覧。
  25. ^ Antenna”. 松山智一 Tomokazu Matsuyama. ????-??-??閲覧。[リンク切れ]

外部リンク[編集]