松原岩五郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

松原 岩五郎(まつばら いわごろう、1866年9月14日慶応2年8月6日) - 1935年昭和10年)2月26日)は、日本小説家ジャーナリストである。二十三階堂と号した。

経歴[編集]

鳥取県西伯郡淀江町出身、本姓は吹野。家業は造り酒屋であった。1883年、松原家に養子に入る。その後、東京に出て、さまざまな仕事を経験する。

1888年、最初の著書、『文明疑問』を自費出版し、内田魯庵の知遇を得る。その後、二葉亭四迷幸田露伴とも交友をもつ。1890年12月に刊行した『好色二人息子』には、露伴が序文を寄せている。

1892年11月、徳富蘇峰主筆の『国民新聞』に入社し、最初の下層社会探訪記「芝浦の朝烟」を発表し、それを皮切りに次々とルポルタージュを書く。それをまとめて、『最暗黒の東京』と題して、1893年11月、民友社から刊行した。

日清戦争のときには、従軍記者として朝鮮事情を探訪、その記録を『征塵余禄』として1896年に刊行した。しかし、蘇峰が松方正義内閣にかかわるなかで、民友社も制度改革をおこない、その余波で国民新聞を退社し、博文館とかかわりをもつ。北海道をしばしば訪れ、紀行文を『太陽』などの博文館の出版物に寄稿した。その中で北海道の最高峰に「大雪山」の名前を与えた。その後正式に博文館の社員となり、『女学世界』の編集にたずさわった。

作家の龍胆寺雄は妹の義理の甥にあたる。

参考文献[編集]

立花雄一による、岩波文庫『最暗黒の東京』解説(1988年)