松久朋琳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

松久 朋琳(まつひさ ほうりん、1901年(明治34年) - 1987年(昭和62年)9月1日)は、仏師京都府生まれ。

略歴[編集]

10歳より仏像彫刻をはじめ、およそ70年余りの間仏像を彫り続けた。 代表作は大阪四天王寺仁王像、京都鞍馬寺魔王尊像、奈良法華寺十一面観音御前立像。京都で活躍、晩年、京都仏像彫刻研究所を主宰、創作活動の傍ら仏像彫刻の普及に勤めた。

著書[編集]

  • 「京仏師六十年」日貿出版社、1973年、新版1981年ほか
  • 「仏像彫刻のすすめ」日貿出版社、1973年、新版2016年ほか、ISBN 4817050314
    • 松久宗琳と共著 「続・仏像彫刻のすすめ」日貿出版社、1975年、新版2007年ほか、ISBN 4817050926
      • 松久宗琳「仏像彫刻の技法」(監修) 日貿出版社、1978年、新版2005年ほか
  • 「仏像を彫る ある京仏師の回想」新人物往来社、1975年
  • 「京の絵暦 京仏師が語る〈明治・大正・昭和〉三代の風俗史」中外日報社、1981年
  • 「佛の聲を彫る 京佛師一代」日本教文社、1982年
  • 「人に会う み佛に会う 松久朋琳・田中忠雄対談録」日本教文社、1984年
  • 「一心一仏 京仏師独り語り」講談社、1985年
  • 西岡常一と共著「木のこころ 仏のこころ」春秋社、1986年、新版2006年ほか、ISBN 439313639X。聞き手青山茂(元毎日新聞記者)
  • 「御手の上にて」日本教文社、1987年。遺著

写真集[編集]

  • 駒沢晃「大仏師松久朋琳・宗琳 人と作品」春秋社、1984年
  • 駒沢晃「一佛一会 大佛師松久朋琳の世界」日本教文社、1987年

関連項目[編集]