田中忠雄 (評論家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

田中 忠雄(たなか ただお、1905年9月13日 - 1991年5月30日[1])は、日本の保守評論家。

佐賀県出身。1929年京都帝国大学文学部哲学科卒。西田幾多郎に師事。京都で英語教師をするが、1937年主催誌『リアル』が治安維持法違反で二年投獄。その間澤木興道に傾倒、1939年上京し上智大学でカトリック大辞典を編纂。戦後、保守思想に共鳴して日本教文社に入社、編集局長。谷口雅春に帰依して生長の家政治連合会長として政界で活動。1955年公職を離れる[2]

著書[編集]

  • 『古仏道元』不二書房 1942
  • ボリシェヴィズムの考察に関する一つの観点に就いて 第1部 ロシヤ史論』東亜研究所 1942
  • 『道元』新潮社 日本思想家選集 1943
  • 『文化感覚論』朝倉書店 1943
  • 『アメリカ思想史論』丁字屋書店 1949
  • 『ロシヤ思想史論』丁子屋書店 1949
  • 『禅と現代人』元々社 民族教養新書 1954
  • 『生活のなかの禅』日本教文社 教文新書 1956
  • 『禅の人間像』誠信書房 1956
  • 『禅人禅話』誠信書房 1957
  • 『人間性の探求 唐代禅匠評伝』誠信書房 1959
  • 『生活のなかの禅』誠信書房 1960
  • 『性格改造と禅』黎明書房 1962
  • 『こころの姿勢』日本教文社 1963
  • 『ここに禅の生き方が』日本教文社 1965
  • 『禅と現代教育』黎明書房 1966
  • 『禅の巨匠に学ぶ』誠信書房 1967
  • 『人生の活路』日本教文社 1968
  • 『禅からの発言』曹洞宗宗務庁 1968
  • 『こころの原点』日本教文社 1971
  • 『道元のことば』黎明書房 1972
  • 『性格改造と禅』黎明書房 1973
  • 『田中忠雄著作集』浪曼、全10巻予定だった、以下のみ出版
    • 「第1巻 正法眼蔵の世界」1974
    • 「第3巻 禅の巨匠たち 日本篇」1973
    • 「第8巻 ロシヤ思想史論」1973
    • 「第9巻 現代への警鐘」1974
  • 『乞食桃水 この途方もない人』曹洞宗宗務庁 1975
  • 『禅の人づくり』公論社 1975
  • 『禅の発想』誠信書房 1977
  • 『男性・女性・仏性』日本教文社 1977
  • 『こころの解放』日本教文社 1981
  • 売茶翁名著普及会 1982
  • 『こころの姿勢』三笠書房 1985
  • 『三分間禅話』全6巻 名著普及会 1986
  • 『活路をひらく』三笠書房 1987
  • 『沢木興道 この古心の人』大法輪閣 1990

編共著[編集]

  • 『道元禅 第2巻 学道入門』編 誠信書房 1960
  • 『人に会うみ仏に会う 松久朋琳・田中忠雄対談録』日本教文社 1984
翻訳
  • ラドロフ『ロシヤ哲学史』東亜研究所 1942

脚注[編集]

  1. ^ 『著作権台帳』
  2. ^ 『こころの解放』著者紹介