東海工業専門学校熱田校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
東海工業専門学校熱田校
Tokai Polytechnic College Atsuta 20140517.JPG
英称 Tokai Polytechnic College
学校種別 私立
設置者 学校法人 電波学園 (愛知県)
創立年 1952年
設置年月日 1961年
本部所在地 456-0033
名古屋市熱田区花表町19-14
北緯35度7分28.4秒東経136度54分52.8秒
学科 高等課程
建築科
機械科
ウェブサイト http://tpchs.denpa.jp/
Portal.svg Portal:教育
Project.svg プロジェクト:学校/専修学校テンプレート
テンプレートを表示

東海工業専門学校熱田校(とうかいこうぎょうせんもんがっこうあつたこう)は、愛知県名古屋市熱田区にある私立専修学校。学校法人電波学園が設置する。1961年に開校。建設分野・機械分野に関する教育を行う。2008年に専門課程の建設分野の学科を東海工業専門学校金山校に、2009年には専門課程の機械分野の学科を名古屋工学院専門学校へ移行。現在は、高等課程のみ設置。

設置学科[編集]

高等課程

  • 建築科 建築コース[1]
  • 建築科 インテリアデザインコース[1]
  • 機械科[2]

概観[編集]

建学の精神[編集]

社会から喜ばれる知識と技術をもち、歓迎される人柄を兼ね備えた人材を育成し、英知と勤勉な国民性を高め科学技術、文化の発展に貢献する。

沿革[編集]

  • 1952年昭和27年) - 前身となる名古屋高等無線電信学校が開校。
  • 1959年(昭和34年) - 学校法人化。
  • 1961年(昭和36年) - 東海製図技術学校として設立される[3]
  • 1970年(昭和45年) - 東海工業専門学院と改称する[3]
  • 1975年(昭和50年) - 東海工業専門学校と改称する[3]
  • 1976年(昭和51年) - 専修学校認可[3]
  • 1985年(昭和60年) - 高等課程 機械科を設置[3]
  • 1986年(昭和61年) - 高等課程 設備科を設置[3]
  • 1995年平成7年) - 東海工業専門学校熱田校と改称、金山校開校[3]
  • 2004年(平成16年) - 東海工業専門学校と改称[3]。金山校はあいち建築デザイン専門学校と改称[3]
  • 2005年(平成17年) - 高等課程 建築科を設置[3]。同時に設備科の募集を停止する[3]
  • 2008年(平成20年) - 東海工業専門学校を東海工業専門学校熱田校と改称[3]し、あいち建築デザイン専門学校は東海工業専門学校金山校と改称する。
  • 2009年(平成21年) - 東海工業専門学校熱田校機械工学科は名古屋工学院専門学校へ移行させる。高等課程のみの学校となる。
  • 2012年(平成24年) - 前年の建築科共学化に続き、機械科が共学となり、完全に男女共学となる[3]

部活動・同好会[編集]

運動系[編集]

軟式野球部・柔道部・バスケットボール部・卓球部・テニス部・自動車競技部・陸上競技部・バレーボール部・サッカー部・少林寺拳法部[4]

文科系[編集]

軽音楽部・機械工作部・メカニック部・シネマ部[4]

同好会[編集]

写真同好会・ボードゲーム同好会[4]

行事[編集]

基本データ[編集]

交通アクセス[編集]

電波学園 姉妹校[編集]

学校法人電波学園は、以下の学校を運営している。

 (平成24年4月より「名古屋外語専門学校」から校名変更)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 建築科” (日本語). 東海工業専門学校 熱田校. 2015年4月20日閲覧。
  2. ^ 機械科” (日本語). 東海工業専門学校 熱田校. 2015年4月20日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m 沿革” (日本語). 東海工業専門学校 熱田校. 2015年4月20日閲覧。
  4. ^ a b c 部活紹介” (日本語). 東海工業専門学校 熱田校. 2015年4月20日閲覧。
  5. ^ a b c d e f 年間行事” (日本語). 東海工業専門学校 熱田校. 2015年4月20日閲覧。
  6. ^ a b c 所在地” (日本語). 東海工業専門学校 熱田校. 2015年4月20日閲覧。

関連項目[編集]

公式サイト[編集]