東海プロレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

JWA東海プロレス(ジェイ・ダブリュー・エー・とうかいプロレス)は、東海地方を中心に活動する社会人プロレス団体。設立当初の団体名はJWA東海(ジェイ・ダブリュー・エー・とうかい)。

歴史[編集]

1991年愛知県名古屋市に脇海道弘一が設立。6月18日露橋スポーツセンターで旗揚げ戦を開催。所属選手とスタッフはプロレスを本職とせず他に仕事を持ちながら参加する団体であるため設立当初はアマチュアプロレス団体だったが2000年から社会人プロレス団体として活動している。

社会人選手の手作りプロレスというクリーンなイメージが受けて地元テレビ局や一般マスコミで取り上げられる機会も多い。1994年1月、NHK教育テレビの番組「ソリトン 野望山馳参寺!」で特集されて放送された。

1970年8月20日日本テレビ読売テレビの交互番組「11PM」で行われたスタジオマッチ「アマチュアプロレス日本一決定戦」に同番組の出演者である藤本義一の立ち合いの下でビッグ赤平と大阪のファイター藤本のライバル対決が実現してファイター藤本が勝利してファイター藤本とビッグ赤平がアマチュアプロレス全国統一機構「JWA(ジェー・ダブリュー・エー、ジャパン・レスリング・アソシエーション)」を結成。最盛期にはJWA関東、JWA関西、JWA盛岡、JWA浜松、JWA東海が熱戦を繰り広げていた。

設立当初は予算的な都合でリングを使わずレスリングのマットを使用。赤と青のコーナーにバレーボールなどの試合で使われる審判台を立て、その上から飛び技を出していた。1995年、リングを導入して試合を行う。2002年、道場を愛知県名古屋市南区に開設。2003年、愛知県津島市莪原町に道場を移転。

2006年6月25日、露橋スポーツセンターで旗揚げ15周年記念大会を開催。しかし試合会場を撤収して脇海道が道場に戻ると所属選手12人とレフェリー、リングアナウンサーが揃って退団を表明。彼らはDEPの設立に当たり引き抜きをかけられていたのだった。次回興行で脇海道は観客に騒動を報告と謝罪が行われた。脇海道は当時について「大勢の仲間に突然裏切られたショックはとてつもなく大きく現場の仕切りもノイローゼのような感じでなんとかこなしているという状態だった」とJWA東海プロレスの「20年史」に記している。所属選手の退団は、これ以降も収まらず数人の所属選手がJWA東海プロレスからDEPに移籍していった。当然のことながら現在でもDEPとは絶縁状態が続いている。

タイトル[編集]

  • JWA東海王座
  1. リキ石川
  2. スタンガン高村
  3. 豊田仁史
  4. シュガーウエイブヤス
  5. ブラックアスカ
  6. 新名洋一
  7. ブラックアスカ
  8. 新名洋一
  9. 中村健介
  10. 野崎王我

所属選手[編集]

  • 脇海道弘一
  • 乃崎王我
  • 野村聡介
  • 紅林寛暁
  • 山田靖獅
  • 豊田博
  • ザ・ニンジャ
  • シャドー1号
  • シャドー2号

スタッフ[編集]

レフェリー[編集]

  • テッド三矢
  • 山崎剛

リングアナウンサー[編集]

  • 藤本琢磨

その他[編集]

  • 船橋貴充

過去の所属選手[編集]

外部リンク[編集]