望月達夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

望月 達夫(もちづき たつお、1914年3月9日 - 2002年8月21日)は、日本登山家。元和光証券副社長、日本山岳会名誉会員。

人物・経歴[編集]

東京都出身。1928年東京商科大学(現一橋大学)を卒業し、三井信託銀行(現三井住友信託銀行)に入社。1941年から召集を受け、大日本帝国陸軍東部七十八部隊独立野戦高射砲第二十二中隊に配属され、キスカ島で書類作業に従事。1943年のキスカ島撤退作戦北千島に逃れたものの、ソビエト連邦の捕虜となり、南樺太で通訳やソ連軍将校に英語を教える仕事などに従事した。1947年復員。

復員後は、三井信託銀行札幌支店長などを経て、1965年同行取締役。1966年大井証券(のちの和光証券 現・新光証券)専務取締役、1970年同社副社長、1972年新和光投資委託社長、1978年同社会長、1982年同社顧問

東京商科大学予科在学中から山岳部に所属。大学を卒業した1928年には社団法人日本山岳会に入会。のちに同会副会長や、同会機関誌『山岳』の編集なども務めた。 また、登山家としての活動のほか、山岳紀行文の執筆や、ヒマラヤ山脈研究を行い、吉沢一郎諏訪多栄蔵深田久弥らとともに日本のヒマラヤ研究の第一人者であった[1]

著書[編集]

  • 『忘れえぬ山の人びと』茗渓堂・1986年

共編著[編集]

翻訳[編集]

  • パウル・バウアー『カンチェンジュンガをめざして』田辺主計共訳・実業之日本社1956年
  • ケニス・メイスン『ヒマラヤ その探検と登山の歴史』田辺主計共訳・白水社・1957年
  • トム・ロングスタッフ『わが山の生涯』白水社・1957年
  • フランシス・スマイス『世界山岳全集 第4 カメツト登頂』田辺主計共訳・朋文堂・1961年
  • ジョン・ハント『世界山岳名著全集 第9 エベレスト登頂』田辺主計共訳・あかね書房 1966年
  • スイス山岳研究財団編『マウンテン・ワールド 第9巻 1954』小学館1987年

脚注[編集]

  1. ^ 20世紀日本人名事典