月村敏行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

月村 敏行(つきむら としゆき、本名:川瀬孝1935年9月7日 - )は、日本文芸評論家

人物[編集]

埼玉県に生まれる。1961年 京都大学文学部国文科中退。1963年、「中野重治論序説」で第6回群像新人文学賞評論部門を受賞。埴谷雄高吉本隆明江藤淳の影響を受けた独自の思想評論を展開する。現代詩についての造詣も深く、詩論の書ける文芸評論家としても貴重な存在である[要出典]

著作[編集]

  • 『批評の原理』(国文社、1974年)
  • 『幻視の鏡』(国文社、1976年)
  • 江藤淳論―感受性の命運』(而立書房、1977年)
  • 埴谷雄高論』(講談社、1978年)
  • 『詩と批評』(芹沢出版、1978年)