最終目的地 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
最終目的地
The City of Your Final Destination
監督 ジェームズ・アイヴォリー
脚本 ルース・プラワー・ジャブヴァーラ
原作 ピーター・キャメロン
『最終目的地』
製作 ポール・ブラッドリー
ピエール・プロネル
製作総指揮 アショク・アムリトラジ
ヴィンセント・マイ
ジェームズ・マーティン
カツヒコ・ヨシダ
音楽 ホルヘ・ドレクスレル
撮影 ハビエル・アギーレサロベ
編集 ジョン・デヴィッド・アレン
製作会社 ハイドパーク・インターナショナル
マーチャントアイヴォリー・プロダクションズ
配給 アメリカ合衆国の旗 スクリーン・メディア・フィルムズ
日本の旗 ツイン
公開 ドイツの旗 2009年2月7日(ベルリン国際映画祭
アメリカ合衆国の旗 2010年4月16日
日本の旗 2012年10月6日
上映時間 117分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
スペイン語
フランス語
製作費 $8,300,000[1]
興行収入 世界の旗 $1,351,866[1]
アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $493,296[1]
テンプレートを表示

最終目的地』(さいしゅうもくてきち、The City of Your Final Destination)は、2009年アメリカ合衆国のドラマ映画。ピーター・キャメロンの同名小説を原作にしている。

ストーリー[編集]

大学で文学教師として働く青年オマーは、博士号を取得して大学との契約を延長するため、自殺した作家ユルス・グントの伝記執筆を願っていたが、作家の遺族から拒絶されてしまう。恋人ディアドラの強い勧めと人生を変えたいとの思いから、オマーは亡き作家が暮らしていた邸宅がある南米ウルグアイへと向かう。そこでは作家の兄アダム、作家の妻キャロライン、作家の愛人アーデンとその幼い娘ポーシャ、アダムのゲイの恋人ピートが奇妙な共同生活を送っていた。オマーは彼らから伝記執筆の許しをもらうために、しばらくの間共に過ごすことにするが、その内に恋人がいる身でありながら、アーデンと惹かれあってしまう。また、他の住人もオマーの出現により、今後の自らの人生(最終目的地)について考え、それぞれの決断を下すのだった。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

吹き替え翻訳:井村千瑞

吹き替え演出:市来満

トリビア[編集]

原作でのピートはタイ人の設定だが、どうしても真田広之に演じてもらいたかった監督により、日本人の設定に変えられた[2]

自殺した作家ユルス・グントは写真のみの登場で、若い頃のアンソニー・ホプキンスの写真が使われている。

参考文献[編集]

  1. ^ a b c The City of Your Final Destination” (英語). Box Office Mojo. 2013年4月12日閲覧。
  2. ^ TBS王様のブランチ』2013年4月13日放送。

外部リンク[編集]