最終兵器タオリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

最終兵器タオリー』(Towelie、別題:オカマ・ゲームスフィア![1])は、アメリカのコメディ・セントラルのテレビアニメシリーズ『サウスパーク』の第73話(シーズン5第8話)である。アメリカでは2001年8月8日に放映された。

あらすじ[編集]

スタンの家でカートマンはごみ箱から使用済みのタンポンを発見してしまう。
子供たちにタンポンのことについて話したくないスタンの母親は、子供たちに最新TVゲーム機「オカマ・ゲームスフィア」を買い与える。子供たちはオカマ・ゲームスフィアに夢中になり、週末夜通しでプレイしようとする。

カイルが週末家族と湖に遊びに行く約束をしていたのを思い出した時、子供たちの前に「タオリー」が現れた。タオリーは人々が水に関することを言うと現れ、タオルを携帯するようにアドバイスする喋るタオルである。
そのまま「キメたくないか」と聞いてくるタオリーだが、子供たちは無視して「どっか行け」と言う。

週が明けて月曜になっても子供たちはオカマ・ゲームスフィアをプレイし続けていたが、スタンの母親に学校に行くよう強制され、しぶしぶ学校に向かう。
バス停にいると1台の車が停まり、車に乗っていた男が子供たちに喋るタオルに会わなかったか尋ねてきた。タオリーのことだと子供たちが答えると、男はトランシーバーに叫び、疑い深く子供たちを見つつ走り去った。

放課後、子供たちはスタンの家に急ぐが、オカマ・ゲームスフィアがなくなっていることに気づく。そこへ身元不明の電話がかかってきて、「オカマ・ゲームスフィアを返してほしければ夜に町はずれのガソリンスタンドまでタオリーを連れてこい」と要求する。

子供たちはタオリーをガソリンスタンドに連れていく。そこにタオリーを製造している会社「タイナコープ社」の社員が現れ、タオリーを連れてきてくれたことに感謝する。子供たちがオカマ・ゲームスフィアについて尋ねると、社員はこれが罠だと確信する。
直後、謎の軍隊が奇襲をかけ、タイナコープ社の面々は全滅するが、子供たちとタオリーは逃げ出すことに成功する。

子供たちとタオリーは軍隊の秘密基地とタイナコープ社のビルを行き来し、オカマ・ゲームスフィアを取り返そうとする。
その中で、タイナコープ社の正体がタオリーを量産して世界を支配しようと企むエイリアンの組織であることなどが明らかになるが、子供たちはこれらの話に全く関心を示さず、むしろ自分たちを無視して話を進めオカマ・ゲームスフィアも返してくれない大人に怒りを募らせていく。

ややこしい話に巻き込まれていきながらも、子供たちはオカマ・ゲームスフィアを発見する。しかし彼らがオカマ・ゲームスフィアを手に入れて間もなく、軍隊とエイリアンの対決の余波でタイナコープ社のビルが爆破されてしまう。ケニーは溶鉱炉に落下するが、他の子供たちとタオリーはオカマ・ゲームスフィアと共に逃げることに成功する。
子供たちは無事に家に帰り、タオリーと一緒にオカマ・ゲームスフィアで遊ぶ。カートマンはタオリーに「お前って最低のキャラだよな」と言い、キメすぎで意識が朦朧としているタオリーも満足げに「そうだね.」と答えた。

備考[編集]

  • タオリーのキャッチフレーズ「タオル忘れちゃダメよ」は作者が行った船旅の最中、人々から常に「タオル忘れないでね」と言われたことに由来する。
  • エピソードがCMに入る前に、タオリーグッズを宣伝する偽のCMが流れる。この回を放送後すぐに、サウスパーク公式サイトで本編の内容に基づくTシャツとフードスウェットシャツが販売された。シャツには「タオル忘れちゃダメよ(Don't forget to bring a towel)」と言っているタオリーがデザインされている。
  • 作者2人は、商業の重要さと、自分たちの制作物に関して搾取されている意識が強まり、そのことをからかっている。彼らは、タオリーを薄く、2次元(文字通り、比喩的に)的にデザインし「キャッチフレーズを言って、グッズ販売の宣伝をする」以外の存在意義はないと語っている。エピソード中に偽のCMを流し、カートマンが彼を「最低のキャラ」と評したのはこのためである。
  • 軍隊の秘密基地に侵入するパスワードを入れる際、タオリーはリップス(バンド)の『ファンキータウン』を歌い始める。
  • タオリーが「」をキメる時、常にポパイのBGMが流れる。
  • オカマ・ゲームスフィアは本来PlayStation 2を出す予定だったが、商標により名前を使うことができなかったため生まれたものである。ゲームスフィアという名前は任天堂のゲームキューブが元ネタ。
  • スタンの母親が使用済みタンポンを捨てた後のカートマンの台詞は、映画『スリング・ブレイド』作中の「You shouldn't've done that - he was just a boy」が元ネタ。

脚注[編集]

  1. ^ ポニーキャニオン - SOUTH PARK:THE HITS~「マット&トレイ」が選ぶBEST 10~:DVD”. ポニーキャニオン. 2011年8月9日閲覧。

外部リンク[編集]

  • Towelie on the South Park Studios Episode Guide