カルトっQ!丸刈りータ☆で大脱走

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

カルトっQ!丸刈りータ☆で大脱走 』(原題:Super Best Friends、直訳:スーパー・ベスト・フレンズ)はアメリカのコメディ・セントラルのテレビアニメシリーズ『サウスパーク』の第68話(シーズン5第3話)である。2001年7月4日に放送された。監督はトレイ・パーカー、脚本はパーカーとマット・ストーン

内容は新興のカルト宗教への風刺が趣旨であるが、それに対抗する存在としてイスラム教の預言者であるムハンマドが登場する。そのため、イスラム教の教えである偶像崇拝の禁止に触れて物議を醸し、一般に再放送などはされない回である。また、原題の「スーパー・ベスト・フレンズ」は、この偉人・神達のグループのことであり、その後もしばしば登場する。伝統的な宗教に属するキャラクターが大半だが、新宗教であるモルモン教ジョセフ・スミスや、アクアマン(アメコミのヒーロー)に似た[1]シーマン(Sea Man)も含まれる。記念回の第200話でスタンの言う「デビッド・ブレインの宗教団体の件」とはこのエピソードのことである。

あらすじ[編集]

ストリート・マジシャンのデビッド・ブレインがサウスパークにやってくる。彼は鮮やかな手品で住民達を魅了し、セミナーに参加すれば同じように手品が使えるようになると宣伝する。しかし、これはブレインが教祖を務める新興宗教団体「ブレイントロジー」の罠であり、セミナーに参加した主人公達4人とバターズは、司会者の言うがまま入団してしまう。おかしいと思ったスタンはすぐに脱会するものの、完全に洗脳されたカイルは残ることを宣言する。教団から命を狙われたスタンはイエス・キリストに相談し、予ねてよりカルト教団に危機感を持っていたイエスは快く協力する。

スタンとイエスは、新しい信者の獲得を目論むデンバーでの集会に突入し、ブレインの手品に対し、イエスは魚とパンを増やす奇跡を行う。しかし、古臭く胡散臭いイエスの手品よりブレインの鮮やかな手品方がウケ、スタンらの目論見は失敗してしまう。ブレインの実力を知ったイエスは自分一人では手に負えないことを認め、同じ伝統的な宗教の偉人達の集まりである「スーパー・ベスト・フレンズ」で対応することを決める。

その頃、ブレイントロジーは、連邦政府に対し免税特権のある正式な宗教団体と認定されるため活動を行っていたが、却下される。そこでブレインは信者達にワシントンD.C.まで行進させ、抗議の集団自殺の実行を命令する。これを聞いたカイルは教団が間違っていることに気付き、カートマンに共に脱会するよう持ちかける。賛成したカートマンであったが、教団に密告し、カイルは透明なプラスチック製のドームに閉じ込められてしまう。

リンカーン記念館前に集結した信者達はリフレクティング・プールで溺死という集団自殺を決行し始める( しかし、池の水深は1フィートしかないため、うつ伏せになって死ぬまで我慢する必要がある)。次々と信者達が自殺する中、カートマンはカイルのドームにホースで水を入れ始め溺死させようとする。

スーパー・ベスト・フレンズが到着し、ブレインを止めようとするが、ブレインはリンカーン像を動かして迎え撃つ。一方、スタンはプールの中でカイルを捜し始め、ケニーの死体を発見する。いつものパターンで「なんてこった、ケニーが殺されちゃった!」と叫ぶと、カイルが「この人でなし!」と呼応するため、この掛け声を頼りにスタンはカイルを見つけ出すことに成功する。しかし、スタンではドームからカイルを救出することができない。

街を破壊しつくすリンカーン像に苦戦するイエスらはモーゼの助言を求め、対応策としてジョン・ウィルクス・ブース像の作成を回答する。イエスらは瞬く間にブース像を造り上げ、リンカーン像を倒す。また、この時の衝撃で、カイルのドームが破壊され、カイルも助かる。さらにイエスらはこれ以上の犠牲者を出さないためにプールを凍結させ、泳ぐのが苦手で長時間水中で我慢できなかったカートマンも死なずに済む。

すべての打つ手を失ったブレインは捨て台詞を吐くと、用意していたロケット艇で逃げ出す。途方に暮れる信者たちを前にスタンは「金銭の要求や自殺を強要する宗教は間違ってる」「宗教にはそれぞれの教義があるがそれらを互いに認め合い協力しよう」とスピーチし、カイルと仲直りする。

ブレイントロジー[編集]

作中に登場するブレイントロジーは架空の宗教団体であるが、DVDコメンタリーのパーカーの解説によれば、モデルは「サイエントロジー」である。なお、デビッド・ブレインは実在のマジシャンであるが、当然のことながらサイエントロジーとは何の関係もない。

その後も、シリーズでは、しばしば「サイエントロジー」を揶揄するネタが挿入されたが、第137話(シーズン9第12話)『Trapped in the Closet』では、「サイエントロジー」が実名で登場し、1話全部を使って皮肉られている。

備考[編集]

2011年現在、サウスパークのウェブサイトにて、この回を見ることは不可能である[2]

脚注[編集]

  1. ^ Amos N. Guiora, Freedom From Religion: Rights and National Security, Oxford Univ Pr, 2011, p. 128.
  2. ^ Douthat, Ross (2010年4月25日). “Not Even in South Park?”. New York Times. http://www.nytimes.com/2010/04/26/opinion/26douthat.html 

外部リンク[編集]