Band in China

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

Band in China』(直訳:中国のバンド)はアメリカコメディ・セントラルのテレビアニメシリーズ『サウスパーク』の第299話(シーズン23第2話)である[1]。2019年10月2日に放送された。監督・脚本はトレイ・パーカー

「Banned in China(中国による禁止)」にも読めるタイトルの通り[2][3]、ストーリーのテーマは中国における検閲、およびアメリカのハリウッドなどのエンターテイメント業界が中国展開のためにそれらに阿って自己検閲している現状を風刺している[4]。その内容から中国政府は国内でのサウスパークの放送及びファンサイトの閲覧なども全面的に禁じ、製作サイドがこれを批判するコメントを出した[5][6]

あらすじ[編集]

父ランディの大麻(マリファナ)農場から離脱したいスタンは、自身のデスメタルバンド「クリムゾンドーン」の新曲を構想していた。そんな折、ランディは中国に大麻を輸出するビジネス展開を家族に明かす。さっそく商品のマリファナをスーツケースに詰め、中国へ向かうランディであったが、その飛行機の中にはディズニー映画のキャラクターを含めた多くの映画などのキャラクターも乗り合わせていた。中国に到着したランディであったが、大麻は中国で厳しく取り締まられているため、すぐに逮捕される。ランディが送られた刑務所は劣悪であり、略式処刑や強制労働労働教養)、拷問中国共産党洗脳などが展開される。また、ランディは、同じく刑務所に収監されているくまのプーさんとピグレットを発見する(実際に中国共産党では習近平総書記と『くまのプーさん』を比較するミームがあったために『くまのプーさん』が禁止されている)。

クリムゾンドーンのリハーサル中、バンドの噂を聞きつけた敏腕音楽プロデューサーが現れ、スタンらに契約を求める。快く契約するスタンらであったが、プロデューサーはもはや音楽業界は従来の方法では儲けることができず、伝記映画などのプロモーション活動が必要だという。さっそく、その撮影が始まるが、プロデューサーは中国展開するためには中国の検閲に合格しなければならないと言い、映画は理不尽な修正を要求されていく。

ランディの裁判が始まると、彼は劣悪な囚人の扱いなど、中国政府を公然と批判する。これを知ったミッキーマウスは、ランディ他、映画キャラクター達を立ち並ばせ、こうした行動は中国展開に支障がでると激怒する。しかし、ランディは脅迫に屈してビジネスをするべきではないと主張し、ミッキーと共に習近平総書記に直談判する(ただし、事前の威勢の良さに反して、阿った態度をとる)。マリファナが認められるわけもなく拒絶され、不貞腐れる2人であったが、そこでミッキーはプーさんを何とかすれば問題はすべて解決すると言う。それに賛同したランディは、蜂蜜でプーさんをおびき寄せると血塗れになりながらワイヤーで絞殺する。

一方、クリムゾンドーンの伝記映画は中国の検閲官が臨席しての撮影になっており、片っ端からアイデアを否定されていく状況にスタンは苛立つ。バンドメンバーとの相談の上で、スタンは中国政府が認めるのは「陳腐でつまらないもの(vanilla and cheesy)」という認識に至る。そこにちょうどカイルとカートマンが合流し、スタンは新しいアイデアを思いつく。それはライヴエイドの会場のセットで、もはやデスメタルとは無関係でポップな曲と格好でパフォーマンスを行う。しかし、スタンはそのパフォーマンス中に虚しさを感じ、農場を去りたいと思っていても、中国のために妥協することはできない、また、そのような自分を曲げる人には価値が無いと断じる。

ランディのマリファナ・ビジネスは中国で合法となり、ランディは大金を積んだトラックと共に帰宅する。スタンは、血と蜂蜜に塗れた父の格好に疑問を呈し、そこでランディは悪びれることもなく、プーさんを殺したことを話す。スタンは静かに食卓から離れると、父親についての曲を書き始める。

評価[編集]

The A.V. Club』のジョン・ヒューガーはエピソードに「B」の等級を付けて「強力なエピソード」と呼び、今回、パーカーとストーンが、中国政府によるアメリカのエンターテインメント業界に及ぼしている影響を批判する内容としたことは、かつて2回に渡ってイスラム教の預言者ムハンマドのメディアでの描写を扱った時と同様の大胆なターゲット選択であったと評した[7]

フォーブス』の寄稿者であるダニ・ディ・プラシドは、このエピソードは「陽気で、憂鬱に洞察力に富んでいる」と述べ、スタンの倫理的な選択と、ランディの利益優先の選択は、最良の対比だと指摘した[8]

Den of Geek』の執筆者Joe Matarは、星5つ中2つのあまり好意的でない評価をした。スタンとランディの関係をより大きな倫理的問題に結びつけたシナリオ構成は理に適っているが、それは「怠惰なプロットと疲れたショックユーモア」によって損なわれたと指摘している[9]

Salon』のMatthew Rozsaは、このエピソードが、中国政府に合うようにアメリカのエンターテイメント産業が妥協している風潮を的確に批判していると述べた[10]

中国での公開禁止[編集]

エピソード公開に対して、中国政府は、このストーリーのみならず、『サウスパーク』シリーズ全体のストリーミングサービスやソーシャルメディアプラットフォームすべてを検閲し、国内での閲覧を禁じた[11][12][13]。これを受けてパーカーとストーンは、コメントを公開し、香港デモへの支持を表明して謝罪に追い込まれたNBAの例などを引き合いに出し、「NBAと同様、私たちは中国の検閲を歓迎します。私たちも自由や民主主義よりもお金を愛しています。習氏はくまのプーさんに全く似ていません。」「中国さんよ、これで仲直りできるかい。」と謝罪声明という体裁で批判した[6][11][12][13]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “Episode 2302 'Band in China' Press Release” (プレスリリース), Comedy Central, (2019年9月30日), https://southpark.cc.com/blog/2019/09/30/episode-2302-band-in-china-press-release 2019年9月30日閲覧。 
  2. ^ Clark, Travis (2019年10月7日). “'South Park' has reportedly been banned in China after its most recent episode criticized censorship in the country”. Business Insider. 2019年10月10日閲覧。
  3. ^ 李家樑 (2019年10月8日). “被中國禁播 《衰仔樂園》道歉聲明疑再諷內地:現在和好了吧?” (中国語). 香港01. 2019年10月11日閲覧。
  4. ^ Parker, Ryan (2019年10月2日). “'South Park' Episode Mocks Hollywood for Shaping Stories to Please China”. The Hollywood Reporter. 2019年10月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年10月5日閲覧。
  5. ^ Sharf, Zack (2019年10月7日). “'South Park' Removed From Chinese Internet After Critical 'Band in China' Episode”. IndieWire. 2019年10月7日閲覧。
  6. ^ a b 中国、米人気アニメ「サウスパーク」を完全締め出し 中国批判の内容に反発 産経新聞 2019年9月8日
  7. ^ South Park takes some hard shots at China as Randy grows his weed business”. The A.V. Club (2019年10月3日). 2019年10月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年10月10日閲覧。
  8. ^ 'South Park' Review: 'Band In China' Mocks Hollywood's Addiction To Chinese Box Office”. Forbes (2019年10月3日). 2019年10月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年10月10日閲覧。
  9. ^ Rozsa, Matthew (2019年10月3日). “'South Park' takes on Hollywood's pandering to Chinese censorship with sharp words, weak jokes”. Salon. 2019年10月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年10月5日閲覧。
  10. ^ Rozsa, Matthew (2019年10月3日). “'South Park' takes on Hollywood's pandering to Chinese censorship with sharp words, weak jokes”. Salon. 2019年10月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年10月5日閲覧。
  11. ^ a b Brzeski, Patrick (2019年10月7日). “'South Park' Scrubbed From Chinese Internet After Critical Episode”. The Hollywood Reporter. https://www.hollywoodreporter.com/news/south-park-banned-chinese-internet-critical-episode-1245783 2019年10月7日閲覧。 
  12. ^ a b Gstalter, Morgan (2019年10月7日). “'South Park' banned from Chinese internet after critical episode: report” (英語). The Hill. https://thehill.com/homenews/media/464661-south-park-banned-from-chinese-internet-after-critical-episode-report 2019年10月7日閲覧。 
  13. ^ a b Otterson, Joe; Otterson, Joe (2019年10月7日). “'South Park' Creators Respond to China Censorship: 'Xi Doesn't Look Just Like Winnie the Pooh at All'” (英語). Variety. https://variety.com/2019/tv/news/south-park-china-censorship-1203361720/ 2019年10月7日閲覧。