曾倉岑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

曾倉 岑(そくら たけし、1934年7月28日 - 2018年1月15日)は、日本の文学者日本文学上代文学。専門は万葉集研究。青山学院大学名誉教授。神奈川県出身。

人物[編集]

長野県伊那北高等学校卒業、1958年東京大学文学部国文学科卒業、1960年同大学院人文科学研究科同大学大学院修士課程修了、修士論文の題は「上代歌謡研究」。1963年博士課程単位取得満期退学。同年明治学院大学文学部専任講師を経て1973年同教授。1974年青山学院大学文学部助教授、1976年教授。2003年定年退職、名誉教授。

古事記日本書紀続日本紀日本霊異記風土記万葉集などの研究に携わる。

間人皇女論争[編集]

孝徳天皇が皇后である間人皇女に宛てた歌が「日本書紀」に残されている。

金木着け 吾が飼う駒は 引き出せず 吾が飼う駒を 人見つらむか

間人皇女が夫である孝徳天皇を離れ、葛城皇子(中大兄皇子、後の天智天皇)と共に飛鳥に遷った理由は明らかではない。しかし、上の歌の「駒」が間人皇女を璧喩しており、古代の「見る」が恋愛と直結するものであることから、自分の妻を他の男に「見られた」の意に理解し、中大兄皇子との近親相姦の関係を説く吉永登のような見解もあり、直木孝次郎らによって支持されているが、これに対して曾倉岑、荒井秀規らによる反論があり、荒井は穿ちすぎだと疑義を示している。

著書[編集]

  • 『萬葉集全注<巻第13>』有斐閣、2005年

共著編[編集]

関連項目[編集]

ゆかりのある人物[編集]

外部リンク[編集]