武藤元昭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

武藤 元昭(むとう もとあき、1939年 - )は、国文学者、青山学院大学名誉教授・第15代学長。

東京生まれ。1964年京都大学文学部国文科卒、1970年東京大学大学院人文科学研究科国語国文学専門課程博士課程単位取得済退学、青山学院大学文学部専任講師、1974年同助教授、1983年同教授、2003-2007年同学長、2008年定年、名誉教授、静岡英和学院大学教授、2009年同学長。2014年ー2016年学校法人静岡英和学院理事長・院長。人情本が専門[1]。2018年秋の叙勲で瑞宝中綬章を受章。

著書[編集]

  • 『古文の重点研究』三省堂 1981
  • 『0からわかる古文問題集 高校基礎から大学入試まで』ライオン社 1997
  • 『人情本の世界 江戸の「あだ」が紡ぐ恋愛物語』笠間書院 2014

校訂・訳[編集]

  • 十返舎一九東海道中膝栗毛』校注・訳 ほるぷ出版 日本の文学 古典編 1987
  • 為永春水『花名所懐中暦』校訂 太平書屋 人情本選集 1990
  • 鼻山人『恐可志』解説校訂 太平書屋 人情本選集 1993
  • 『人情本集』校訂 国書刊行会 叢書江戸文庫 1995

論文[編集]

[編集]

  1. ^ 『人情本の世界』著者紹介

外部リンク[編集]

先代:
半田正夫
青山学院大学学長
第15代:2003年 - 2007年
次代:
伊藤定良