伊藤定良

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

伊藤 定良(いとう さだよし、1942年(昭和17年)3月10日 - )は、日本の西洋史学者青山学院大学名誉教授

来歴[編集]

宮城県生まれ。東京都立三鷹高等学校卒、1966年東京大学文学部西洋史学科卒業。72年同大学院人文科学研究科博士課程単位取得満期退学、日本大学文理学部専任講師、77年助教授、1978年青山学院大学文学部助教授、87年教授、2004 - 07年文学部長、2007 - 2011年学長、青山学院理事。2012年定年退任、名誉教授。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『新しい世界史8 異郷と故郷 ドイツ帝国主義とルール・ポーランド人』 東京大学出版会1987年
  • 『ドイツの長い一九世紀 ドイツ人・ポーランド人・ユダヤ人』 青木書店〈シリーズ民族を問う〉、2002年

共編著[編集]

  • 『越境する文化と国民統合』 増谷英樹共編、東京大学出版会1998年
  • 『近代ヨーロッパを読み解く 帝国・国民国家・地域』 平田雅博共編著、ミネルヴァ書房〈Minerva西洋史ライブラリー〉、2008年
  • 『国民国家と市民社会』 伊集院立共著、有志舎〈21世紀歴史学の創造〉、2012年

参考[編集]