更生保護法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
更生保護法
日本国政府国章(準)
日本の法令
法令番号 平成19年法律第88号
効力 現行法
種類 刑法
主な内容 犯罪者の予防と更生に関する法律
関連法令 刑法少年法犯罪者予防更生法更生保護事業法保護司法
条文リンク e-Gov法令検索
テンプレートを表示

更生保護法(こうせいほごほう、英語: Offenders Rehabilitation Act[1])は、日本の法律犯罪者及び非行少年の更生及び保護観察制度の運用など再犯の予防に関する手続や、これらに関する行政機関について規定する。

2007年に、犯罪者予防更生法執行猶予者保護観察法の整理・統合を目的とした新法として第166回通常国会で成立、2008年6月1日から施行され、当該前身の2法は廃止となった。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 日本法令外国語訳データベースシステム; 日本法令外国語訳推進会議 (2009年4月1日). “更生保護法”. 法務省. p. 1. 2017年6月14日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]