時の記念日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
戦前のポスター(認識台湾歴史教科書より)

時の記念日(ときのきねんび)は、日本の記念日の1つ。毎年6月10日である。

制定の経緯と意義[編集]

1920年東京天文台(現在の国立天文台)と文部省の外郭団体である財団法人の生活改善同盟会によって制定された。日本国民に「時間をきちんと守り、欧米並みに生活の改善・合理化を図ろう」と呼びかけ、時間の大切さを尊重する意識を広めるために設けられた。記念日ではあるが、法定された国民の祝日ではない。

生活改善同盟会が、1920年(大正9年)5月16日から7月4日まで東京教育博物館で「時の展覧会」を開催し、期間中の6月10日を時の記念日として設定し、行事・宣伝を行ったのに始まる。翌1921年(大正10年)以降20年以上にわたり生活改善同盟会を中心に全国各地で記念行事が行われた。外地の台湾などでも実施された。戦後は時計の業界団体をはじめ各種の民間団体が関連行事を行い、特に東経135度の子午線上にある明石市時のウィークや、天智天皇をまつる大津市近江神宮の漏刻祭はよく知られている。また小学校や幼稚園などでは標語を作ったり時計の絵を描いたりして時間の規律を教えている例が多い。定刻厳守の尊重が国民性といわれるまでになり、鉄道や航空機の定時運行が世界一といわれるまでになったのも、時の記念日の創設にその原点のひとつがあるともいえる。

由来[編集]

日本書紀天智天皇十年四月辛卯条(天智天皇10年4月25日グレゴリオ暦671年6月10日))に、

置漏尅於新臺。始打候時動鍾鼓。始用漏尅。此漏尅者天皇爲皇太子時始親所製造也[1]云々。

(漏尅を新しき台に置く。始めて候時を打つ。鐘鼓を動す。始めて漏剋を用いる。此の漏剋は、天皇皇太子に爲(ましま)す時に、始めて親(みづか)ら製造(つく)りたまふ所なりと、云々(うんぬん)。

訳:坂本太郎家永三郎井上光貞大野晋校注『日本古典文学大系68 日本書紀 下』 岩波書店

とあり、日本初の時計を打った日が6月10日であることからこの日となった。なお、「漏尅」すなわち「漏刻」とは水時計のことである。また、下記脚注のとおり、斉明天皇6年の条にも「漏尅」創設の記述があるが、天智天皇10年の記述との関係は不明。前者には日付がないので、後者の日付が採用されたものと考えられている。

脚注[編集]

  1. ^ 日本書紀斉明天皇六年五月是月条(西暦660年)に「又皇太子初造漏尅。使民知時。」とある。

参考文献[編集]

  • 時間にまつわることば”. トクする日本語. 日本放送協会 (2014年6月10日). 2014年6月10日閲覧。
  • 平出裕子「「時の記念日」の創設」(吉川弘文館『日本歴史』727号 2008年10月)
  • 平出裕子「生活の合理化運動」(吉川弘文館『日本歴史』770号 2012年7月)
  • 西本郁子『時間意識の近代~「時は金なり」の社会史』(法政大学出版局 2006年)

関連項目[編集]