映像記憶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

映像記憶(えいぞうきおく、: Eidetic memory)は、生物に映った対象を映像記憶したもの、またはその能力のこと。写真記憶直観像記憶ともいう。

特徴[編集]

ヒトでは幼少期にこの能力は普通に見られ、通常は思春期以前に消失する。だがこの「消失」とは、その能力自体の消失か、それとも、なくなった様に思えても潜在的には存在しているのか、正確にはわかってない。京都大学霊長類研究所の研究では、チンパンジーの幼獣にも映像記憶の能力があることがわかり、その事からチンパンジーの子供の記憶力は、ヒトの成人を上回ると考えられている。この点から、知能の発達した類人猿では野生の世界で生存するための手段として、この能力が発達した可能性があり、その意味では原始的な記憶能力と考えられる。ヒトは言語によって自然界の事象を抽象的に把握する能力が向上したために、映像記憶の能力が衰えたとも考えられる。写実的な絵を描くサヴァン症候群の子供が訓練し言語能力を獲得していくにつれ、子供らしい絵を描くように変化していった事例もある。類人猿以外の動物にも同様の能力があるかどうかはわかっていない。

ただしヒトには成人後も、映像記憶能力を保ち続ける者がわずかではあるが存在する。映像記憶能力の保持者は、電車の中から一瞬見えた風景を後から緻密にスケッチしたり、を紙面ごと記憶したりできる。速読術記憶術などと関連付けて後天的な技術としての獲得を目指す人もいる。イメージ訓練や瞑想などがその訓練方法である。しかし完全な後天的習得は非常に困難である。

映像記憶能力を持つ、あるいは可能性の高い著名人[編集]

霜降り明星 せいや -芸人

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 小谷野敦『谷崎潤一郎伝 堂々たる人生』p.389(中央公論新社2006年
  2. ^ a b 「第四章 バンコクでの再会」(徳岡 & 1999-11, pp. 86-107)
  3. ^ 「第三章 問題性の高い作家」(佐藤 & 2006-02, pp. 73-109)
  4. ^ 三島由紀夫「社会料理三島亭――携帯用食品『カメラの効用』」(婦人倶楽部 1960年8月号)。31巻 & 2003-06, pp. 355-359

参考文献[編集]

  • 七田眞 『超右脳スピード成功ドリル』 PHP研究所
  • 七田眞 『七田式「超右脳」スピード記憶術―「潜在能力」が驚異のパワーを発揮! 』 成美堂出版
  • 佐藤秀明 『三島由紀夫――人と文学』 勉誠出版〈日本の作家100人〉、2006年2月。ISBN 978-4585051848 
  • 徳岡孝夫 『五衰の人――三島由紀夫私記』 文春文庫、1999年11月。ISBN 978-4167449032  - ハードカバー版は1996年11月 ISBN 978-4163522302
  • 三島由紀夫 『決定版 三島由紀夫全集31巻 評論6』 新潮社、2003年6月。ISBN 978-4106425714 
  • 齋藤亜矢『ヒトはなぜ絵を描くのか』岩波科学ライブラリー、2014年。