明日は少し笑ってみよう

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
明日は少し笑ってみよう
桐原アイ(CV新田恵海スタジオ・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
キャラクターソング
時間
レーベル バップ
チャート最高順位
ミュージックビデオ
「明日は少し笑ってみよう」ダイジェスト試聴トレイラー - YouTube
テンプレートを表示

ストーリーアルバム 『明日は少し笑ってみよう』(あしたはすこしわらってみよう)は、桐原アイ(CV:新田恵海)のデビューアルバム2016年3月23日バップから発売された[2][3]

背景とリリース[編集]

桐原アイは、日本テレビバラエティ番組アイキャラ』で、新田が設定したテーマ「日本アニメ最強のヒロイン」として制作され、誕生したキャラクター[4][5]。新田がキャラクターボイス手塚プロダクション出身の三浦菜奈が原画を担当した[5]。本作は17歳のヒロイン「桐原アイ」の日常生活をドラマパート(「プロローグ」、「エピローグ」)と音楽パートで描いたストーリーアルバムで、全編が1つの作品として構成されている[5][6]。ショートストーリー「明日は少し笑ってみよう」(作:大熊智)も収録[5][7]、封入特典として「アイちゃんカード 人参ケーキのレシピ付」が封入される[7][注 1]

「Hello」は、アゲハスプリングスが楽曲制作、アゲハスプリングスの田中隼人がプロデュースと編曲を担当した[7]。また、水島精二が演出を担当したイメージビデオが制作された[9][10]。2016年3月17日、STVラジオログイン!よる☆PA』にて、初めてフルオンエアされた[7]。「君をのせて」は、井上杏美の楽曲で『天空の城ラピュタ』のテーマソング。カバーのアレンジは、DAISHI DANCEが担当した[7]

2016年5月21日、科学技術館・サイエンスホールにて、リリース記念イベントが開催され、ライブパートで楽曲がライブで初披露された[11][注 2]。同年9月13日にはLIQUIDROOMで開催された『アイキャラ』発のライブイベント『アイキャラ Fes vol.1』で披露された[13][14]

メディアでの使用[編集]

Hello
札幌テレビジョシスタ あいく的』の2016年4月のエンディングテーマ[15]

シングル収録トラック[編集]

CD[16]
# タイトル 作詞 作曲 編曲 時間
1. 「プロローグ 暁 〜君と出会う〜」(作:堀内基弘、構成・加筆:大熊智、音楽・編曲:守屋友晴)      
2. 「Hello」(Produced by 田中隼人agehasprings)) 中島崇 中島崇 田中隼人
3. 「Calling me」(Produced by Stella chord(Roth Project)) 水木峻 水木峻、石塚英一朗  
4. 君をのせて(Track Produced by DAISHI DANCE、Arranged by Tomoharu Moriya、Mixed by Shunsuke Yasaki) 宮崎駿 久石譲  
5. 「エピローグ 夕暮 〜名前覚えていてくれたんだ〜」(作:堀内基弘、構成・加筆:大熊智、音楽・編曲:守屋友晴)      
合計時間:

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 人参ケーキのレシピは、新田が母親から送ってもらったレシピが基になっている[8]
  2. ^ 本作のリリース記念イベントは、『アイキャラ』にとっても初のイベント[12]

出典[編集]

  1. ^ ストーリーアルバム 明日は少し笑ってみよう - 新田恵海”. ORICON STYLE. 2016年4月25日閲覧。
  2. ^ アゲハスプリングスと新田恵海がコラボ 『アイキャラ』発・2次元キャラ『桐原アイ』デビュー”. Real Sound -リアルサウンド- (2016年2月11日). 2017年2月18日閲覧。
  3. ^ 「アイキャラ」から誕生した新田恵海演じる桐原アイがCDをリリース”. おた☆スケ (2016年2月11日). 2016年8月11日閲覧。
  4. ^ アイキャラ制作日誌 - 日本アニメ最強のヒロイン〈桐原アイ〉”. アイキャラ2 - 日本テレビ. 2017年2月18日閲覧。
  5. ^ a b c d 未来型2次元バラエティー『アイキャラ』発! 2次元キャラ・桐原アイ(CV:新田恵海)のデビュー作、発売決定!”. アニメイトTV (2016年2月20日). 2016年4月25日閲覧。
  6. ^ 「アイキャラ」〜明日は少し笑ってみよう - 桐原アイ(CV新田恵海)”. CDJournal. 2016年4月26日閲覧。
  7. ^ a b c d e 日テレ『アイキャラ』発2次元キャラ「桐原アイ」デビュー作アートワーク&全曲試聴トレーラー公開”. Real Sound (2016年3月17日). 2016年8月11日閲覧。
  8. ^ ラジオCD「新田恵海のえみゅーじっく♪まじっく☆ つん7」収録回(第75回)
  9. ^ スマホと肉眼で楽しめるホログラム「パームトップシアター」発売開始。アイドルのボイスは「新田恵海」と「寧々」が担当”. Gpara.com (2016年3月31日). 2017年2月18日閲覧。
  10. ^ スマホでホログラム映像が楽しめるキット発売…TV番組「アイキャラ」とのコラボ商品”. インサイド (2016年4月1日). 2017年2月18日閲覧。
  11. ^ アイキャラ発!ストーリーアルバム「明日は少し笑ってみよう」 イベント&キャンペーン - 桐原アイ「明日は少し笑ってみよう」リリース記念イベント”. VAP. 2016年4月25日閲覧。
  12. ^ アイキャラ(日本テレビ) (@ichara_ntv) (2016年5月20日). “番組にとっても初めてのイベントですどきどきどき…!ぜひ一緒に盛り上げてください”. Twitter. 2016年8月11日閲覧。
  13. ^ バカリズムが育てた2次元アイドル「アイキャラ Fes」でライブデビュー”. お笑いナタリー (2016年8月11日). 2017年2月18日閲覧。
  14. ^ バカリズムらMC『アイキャラ2』番組イベント開催決定 - 2次元キャラが集結”. マイナビニュース (2016年8月11日). 2017年2月18日閲覧。
  15. ^ アイキャラ(日本テレビ) (@ichara_ntv) (2016年4月2日). “【桐原アイ業務報告】桐原アイ(CV:新田恵海)の「Hello」が、札幌テレビ「ジョシスタ あいく的」4月エンディングテーマに決定しました!”. Twitter. 2016年4月25日閲覧。
  16. ^ アイキャラ発!ストーリーアルバム「明日は少し笑ってみよう」”. VAP. 2017年2月18日閲覧。

外部リンク[編集]