日東製網

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日東製網株式会社
Nitto Seimo Co., Ltd.
種類 株式会社
市場情報
大証1部(廃止) 3524
2013年7月12日上場廃止
本社所在地 日本の旗 日本
721-0953
広島県福山市一文字町14番14号
本店所在地 105-0004
東京都港区新橋2丁目20番15-701
設立 1910年8月1日
業種 繊維製品
法人番号 3010401022044
代表者 代表取締役社長 小林宏明
資本金 13億7882万円
売上高 単体115億円、連結139億円
(2010年4月期)
純資産 単体25億円、連結26億円
(2010年4月)
総資産 単体120億円、連結147億円
(2010年4月)
決算期 4月30日
外部リンク http://www.nittoseimo.co.jp/
テンプレートを表示

日東製網株式会社(にっとうせいもう)は、東京都港区に本社を置く漁網などの製品を製造、販売する企業である。実質的な本社機能は創業地である広島県福山市に所在する。

事業内容[編集]

  • 漁業関連事業
  • 陸上関連事業
    • 防虫網
    • 防球ネット
    • 獣害防止ネット
    • 土木建築用ネット
  • 水産物流ほか関連事業

沿革[編集]

  • 1910年明治43年)8月 - 西備綟織株式会社設立。
  • 1925年大正14年)10月 - 無結節組網機を発明。世界16か国で57件の特許を取得。
  • 1936年昭和11年)11月 - 漁網の全規格での無結節網の製造に成功。
  • 1937年(昭和12年)5月 - 日本製網株式会社に社名変更。
  • 1939年(昭和14年)5月 - 大阪株式取引所上場。
  • 1944年(昭和19年)7月 - 福山製機株式会社を吸収合併し、日本造機製網株式会社に社名変更。小林政夫が社長に就任。
  • 1946年(昭和21年)2月 - 日本製網造機株式会社に社名変更。
  • 1948年(昭和23年)11月 - ふしなし漁網株式会社を吸収合併し、日本製網株式会社に社名変更。
  • 1949年(昭和24年)4月 - 東京証券取引所大阪証券取引所上場。
  • 1963年(昭和38年)4月 - 東洋組網工業株式会社を吸収合併し、現社名に変更。
  • 1963年(昭和38年)6月 - 名古屋証券取引所2部に上場。
  • 1973年(昭和48年)8月 - 東京証券取引所、大阪証券取引所、名古屋証券取引所各1部指定替え。
  • 2005年平成17年)4月 - マルハ(現マルハニチロ)グループの泰東製綱株式会社より営業譲渡を受けて海洋資材事業部を継承。産業資材事業部は株式会社泰東(旧社名日東企画開発株式会社)で継承。

所在地[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]