日本公衆衛生学会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

日本公衆衛生学会(にほんこうしゅうえいせいがっかい、Japanese Society of Public Health)は、1947年(昭和22年)日本に設立された学会であり、会員数8,000人を超える日本のおける公衆衛生の主要学会の一つ。

概要[編集]

  • 設 立 1947年(昭和22年)
  • 事務局 〒160-0022東京都新宿区新宿1-29-8 公衛ビル
  • 総 会 年1回
  • 機関紙 「日本公衆衛生雑誌」(月1回発行)
  • 地方会 地方会を持ち、各会において総会を開催している。
  • 会 費 年会費:8,000円

たばこのない社会の実現に向けた行動宣言[編集]

たばこ対策の推進を目的として、平成15年10月22日に多田羅浩三理事長(当時)の名で出された。この「行動宣言」は、次の基本方針からなる:

  1. 本学会の会員等の禁煙を推進する。
  2. 本学会及び本学会関係機関が管理・運営する区域の禁煙を推進する。
  3. たばこ産業等との共同研究等は実施しない。
  4. たばこ対策に関する実践と研究に関する発表を推進(奨励)する。
  5. 学校・地域・職域等の連携により、たばこ対策の実践活動を推進する。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]