日本プラスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本プラスト株式会社
Nihon Plast CO., LTD.
Nihon Plast.jpg
日本プラスト本社社屋
種類 株式会社
市場情報
東証スタンダード 7291
2008年3月17日上場
略称 日プラスト
本社所在地 日本の旗 日本
418-0111
静岡県富士宮市山宮3507-15
設立 1948年10月9日
業種 輸送用機器
法人番号 2080101012372 ウィキデータを編集
代表者 代表取締役社長 永野博久
資本金 32億606万2680円
売上高 単体391億円、連結1,061億円
(2020年3月期)
純資産 単体214億円、連結348億円
(2020年3月)
総資産 単体426億円、連結747億円
(2020年3月)
従業員数 単体1,018人(2020年3月)
決算期 3月31日
主要株主 東京中小企業投資育成 7.36%
広瀬信 6.99%
日本トラスティ・サービス信託銀行(信託口) 6.22%
ダイセル 5.15%
(2020年3月)
外部リンク www.n-plast.co.jp
テンプレートを表示

日本プラスト株式会社(にほんプラスト、: Nihon Plast Co., Ltd. )は、静岡県富士宮市に本社を置く自動車用安全部品、樹脂製品などを製造する企業である。

工場[編集]

事務所[編集]

  • 本社・テクニカルセンター(静岡県富士宮市)
  • 第2テクニカルセンター(静岡県富士宮市)

沿革[編集]

  • 1948年 - 事業目的を合成樹脂加工販売メーカとして、日本プラスト株式会社を設立。日産自動車株式会社吉原工場と取引を開始し、合成樹脂部品の納入を開始。
  • 1950年 - 日産自動車株式会社から、ステアリングホイールを受注。同年9月から納入を開始。
  • 1960年 - 吉原市(現・富士市)に工場・本社を移転。
  • 1984年 - アメリカ合衆国オハイオ州にニートンオートプロダクツマニュファクチャリングインコーポレイテッドを全額出資により設立。
  • 1990年 - ジャスダック市場に上場(2008年4月25日上場廃止)。
  • 1998年 - 株式会社カンセイ(平成12年4月1日合併によりカルソニックカンセイ(株)に社名変更)と業務提携。
  • 1999年 - 静岡県富士市にエヌピーサービス株式会社を設立。
  • 2002年 - スズキ株式会社と取引を開始。
  • 2004年 - 日本証券業協会への店頭登録を取消し、株式会社ジャスダック証券取引所に株式を上場。
  • 2008年 - 東京証券取引所二部に上場。
  • 2009年 - 富士宮市に本社を移転。
  • 2013年 - 筆頭株主でその他の関係会社だった本田技研工業から、保有全株式を自己株式として取得。資本関係がなくなる。
  • 2017年 - 東京証券取引所一部に指定替え

外部リンク[編集]