新論ヒョン駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
本来の表記は「新論」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
新論
6番出口(2014年撮影)
6番出口(2014年撮影)
신논현
シンノンヒョン
Sinnonhyeon
924 砂平 (0.9km)
(0.8km) 彦州 926
所在地 大韓民国の旗ソウル特別市江南区奉恩寺路地下 102 (論洞 800)
位置座標
駅番号 925
所属事業者 ソウル市メトロ9号線
所属路線 9号線
キロ程 27.0km(開花起点)
駅構造 地下駅
ホーム 2面3線
乗車人員
-統計年度-
29,350人/日(降車客含まず)
-2015年-
乗降人員
-統計年度-
58,309人/日
-2015年-
開業年月日 2009年7月24日
新論
各種表記
ハングル 신논현역
漢字 新論峴驛
平仮名
(日本語読み仮名)
しんろんけんえき
片仮名
(現地語読み仮名)
シンノニョンニョク
英語 Sinnonhyeon Station
テンプレートを表示

新論(シンノンヒョンえき)は、大韓民国ソウル特別市江南区洞にあるソウル地下鉄9号線駅番号は (925) 。

新盆唐線が接続する計画がある。

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線と単式ホーム1面1線の計2面3線を有する地下駅で、上り線外側が一般電車用で上り線内側が急行電車用となっている。下り線は一般電車も急行電車も兼用となっている。いずれもフルスクリーンタイプのホームドアが設置されている。改札口に通じる階段はホーム1面につき2ヶ所、エレベータはホーム1面につき1基ある。

ホームは地下4階、改札口は地下2階に1ヶ所ある。化粧室は改札外に1ヶ所ある。出口は7番まである。

新盆唐線と接続する計画があるため、地下3階に新盆唐線用のスペースを確保した構造となっている。

のりば[編集]

※案内上ののりば番号は設定されていない。

宣靖陵/彦州 ↑
|12 | | 3
高速ターミナル/砂平
上り(外側) 9 9号線 鷺梁津汝矣島堂山開花方面
上り(内側) 9 9号線 急行 鷺梁津汝矣島堂山金浦空港方面
下り 9 9号線 急行 ・一般 彦州奉恩寺総合運動場方面

利用状況[編集]

近年の一日平均利用人員推移は下記のとおり。なお、2009年は開業日の7月24日から12月31日までの161日間の平均である。

路線 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 出典
9 9号線 乗車人員 17,663 22,852 26,113 28,992 30,874 31,335 29,350 [1]
降車人員 17,447 22,025 25,125 28,149 29,975 30,509 28,959
乗降人員 35,110 44,877 51,238 57,141 60,849 61,844 58,309

駅周辺[編集]

歴史[編集]

  • 2009年7月24日 - ソウル市メトロ9号線の終着駅として開業。
  • 2015年3月28日 - ソウル市メトロ9号線の延伸開業に伴い途中駅となる。
  • 2022年以降 - 新盆唐線延伸開業予定。

隣の駅[編集]

ソウル市メトロ9号線
9 9号線
急行
高速ターミナル駅 (923) - 新論駅 (925) - 宣靖陵駅 (927)
一般(各駅停車)
砂平駅 (924) - 新論駅 (925) - 彦州駅 (926)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 서울메트로9호선 > 알림/소식 > 자료실

関連項目[編集]

外部リンク[編集]