新東京グループ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社新東京グループ
Shintokyo Group Co., Ltd.
種類 株式会社
市場情報
東証PRO 6066
2012年9月25日上場
略称 新東京G
本社所在地 日本の旗 日本
270-2265
千葉県松戸市常盤平陣屋前3-21
設立 2012年6月1日
業種 サービス業
法人番号 3040001077130
事業内容 環境ソリューション事業総合プロデュース・廃棄物処理に関するコンサルティングを行う会社の持株会社
代表者 代表取締役 吉野勝秀
資本金 86,600,000円[1]
売上高 37億38百万円
営業利益 2億30百万円
経常利益 1億96百万円
純利益 98百万円
純資産 9億25百万円
総資産 33億19百万円
従業員数 102名(連帯)3名(単体)
決算期 5月末日
主要子会社

株式会社新東京開発
株式会社エコロジスタ
株式会社新東京トレーディング

株式会社新東京エナジー
外部リンク http://www.mr-shintokyo.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社新東京グループ: Shintokyo Group Co., Ltd.)は、千葉県松戸市に本社を置く環境ソリューション事業総合プロデュース・廃棄物処理に関するコンサルティングを行う会社の持株会社。

2012年設立で、株式会社新東京開発や株式会社エコロジスタ、新東京トレーディング、新東京エナジーがグループ会社で代表取締役は吉野勝秀

沿革[編集]

  • 1992年7月 - 千葉県松戸市に産業廃棄物収集運搬業を目的に株式会社新東京開発を設立[2]
  • 2006年12月 - 不動産管理部門を切り離すため、株式会社シントウキョウエージェントを会社分割により設立[2]
  • 2009年8月 - 産業廃棄物中間処理施設の運営を目的に株式会社エコロジスタを設立[2]
  • 2012年6月 - 持株会社設立のため、株式会社新東京グループを株式移転により設立[2]
  • 2012年9月25日 - 東京証券取引所TOKYO PRO Market市場への株式上場[3]
  • 2013年4月 - 株式会社ヨコヤマを子会社化し、マテリアル再生事業を行うと発表[4]
  • 2013年5月 - 未曾有の国難に際し、大手ゼネコンらと共同し東日本大震災復興支援事業を実施。
  • 2015年4月 - 新エネルギー事業を目的とした株式会社新東京エナジーを設立することを決定。
  • 2017年1月 - 株式会社ヨコヤマを株式会社新東京トレーディングに社名変更。
  • 2017年2月 - 東京都江東区にて積替保管施設をオープン。
  • 2017年3月 - 千葉ロッテマリーンズとのスポンサー契約を締結[5]し、ZOZOマリンスタジアムの外野左中間フェンスに社名広告を掲載。
  • 2017年5月 - 過去最高益となる経常利益296百万円を達成。
  • 2017年12月 - 第3号の工場となるメタルマテリアル工場をオープン。
  • 2018年8月 - 西日本豪雨災害に対し義援金を寄付


脚注[編集]

外部リンク[編集]