新安塩田奴隷労働事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
新安塩田奴隷労働事件
各種表記
ハングル 신안군 염전 섬노예 사건
漢字 新安郡鹽田島奴隸事件
発音 シナングン ヨムジョン ソムノイェ サゴン
テンプレートを表示

新安塩田奴隷労働事件(しなん えんでん どれいろうどうじけん)とは、2014年2月6日に発覚した大韓民国全羅南道新安郡にある曽島[1]塩田における知的障害者労働者への奴隷人身売買搾取事件[2][3][4]。知的障害者が、違法な職業斡施業者に誘われて離島の塩田に奴隷として送り込まれ、劣悪な環境の中で多数の知的障害者が働かされていた。

背景・発覚まで[編集]

人身売買の仲介業者は、知的障害者に食事も十分に提供する雇用先があると紹介し、全羅南道新安郡の塩田業者に10万ウォンから30万ウォン(事件発覚当時の日本円で約9300 - 28000円)で売却していた[4][3]。被害者のなかにはソウル駅でホームレスをしていたら声をかけられた者もいた[4]

現場となった塩田は新衣島など離島にあり[2]、韓国での天日干しの高級塩は、ほとんどこの全羅南道新安郡で作られ、ブランド品となっていた[4]。このうち大規模塩田所有者が知的障害者を奴隷として扱っていた[3]

知的障害者の労働者は監禁され、さらに塩田労働に対して賃金は一切支払われていなかった[2]。労働者は納屋・エアコンのない倉庫で約5時間の睡眠時間を与えられて[4]生活し、食事は粗末で、脱走を図った者は捕まえられスコップ鉄パイプ、角材でリンチされた[3][4]。骨折の治療も受けられずに、片足切断の体で働かされている被害者もいた[4][3]。脱走した被害者は島民によって事業主に報告され、再び連行された[4]

塩を作らない季節は養魚場や建設現場での労働に従事させられていた[3]

被害者数は100人以上にのぼった[4]

塩田業者は知的障害者の労働者に対して、「自分はここで働くしかないのだ」と思い込むよう洗脳したとされる[3]

被害者のキムさんは、ホームレスだった10年前にソウル駅で出会った人に仕事を紹介すると言われて塩田に連れてこられたが、実は奴隷として700ドル(約7万円)で塩田のオーナーに買われていた。1日18時間、苛酷な条件で地獄のように働かされていた。初日からオーナーに殴られ続け「何を聞いても返ってくるのは答えではなく、こぶし」な状況だった。最初の脱走は失敗し、1週間後に再び脱走したがキムさんを見かけた付近の雑貨店の息子がオーナーに通報し、結局は連れ戻された。その月の終わりにもう1度、脱走を試み失敗したが1年半後、ソウルの母親に手紙を出すことに成功しようやく奴隷生活から解放された。韓国政府が調査に乗り出したところ、同島にはキムさん以外に63人が奴隷として働かされていた。そのうち4分の3が知的障害者だった[5]

発覚・発覚後の捜査[編集]

2014年2月6日、こうした奴隷労働の実態が、被害者の1人が理髪店を通じて実家に送った手紙で発覚した[4][3]

また、これに先立って1月に2名の知的障害者が保護されていた[4]

韓国警察庁は2014年2月17日、塩田業者と木浦警察署新衣派出所との癒着疑惑についても捜査すると発表した[2]

全南地方警察庁が塩田労働の実態調査に入ったのは2月18日で、発覚した2月6日から2週間の期間があったため、ジャーナリストの室谷克実は「奴隷を隠す時間を与えたような話ではないか」と批判した[3]

警察の捜査で、未払い賃金の総額は12億ウォン(約1億1160万円)に達したことも発覚した[4]

塩田経営者の中には知的障害者に対して「警察がお前らを収容所送りにしようとしている。捕まりたくなかったら、山のなかに隠れていろ」と指示し隠蔽工作を行うものもいた[4]

被害者のその後[編集]

2015年1月6日、AP通信は、韓国の離島の塩田で奴隷として強制労働させられていた知的障害者の男性が、救出されてホームレス支援施設に入所したものの、新たな苦難に強いられていると報じた。 そこでは他の入居者たちから金品を奪われる被害にあったり、職業訓練やカウンセリングなども受けられず、友達も居ない孤独な生活を強いられていた。 男性はAP通信の取材に対して、現在いるホームレス支援施設は溢れ返っており、何の目的もなく暮らしているのは惨めだがら塩田に戻りたいとさえ述べた[6]

政府の対応[編集]

朴槿恵大統領は「21世紀にあり得ない衝撃的事件」と徹底的な再発防止を指示した[3]

その他[編集]

同事件を題材としたフィクション映画、奴隷の島、消えた人々韓国語版が製作された。韓国では2016年3月3日、日本では2017年1月17日に公開された[7]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ CHOI KYUNG-HO and KIM BONG-MOON (2014年2月12日). “Exploitation cases spark a nationwide probe” (English). Korea Joongang Daily (JoongAng Ilbo). オリジナル2014年5月25日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20140525200017/http://koreajoongangdaily.joins.com/news/article/article.aspx?aid=2984794&cloc=joongangdaily 2016年12月19日閲覧。 
  2. ^ a b c d “今がいったい何世紀?…大韓民国を熱くする‘奴隷労働’”. ハンギョレ. (2014年2月17日). オリジナル2015年8月2日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20150802000249/http://japan.hani.co.kr/arti/politics/16724.html 
  3. ^ a b c d e f g h i j “【新・悪韓論】知的障害者の塩田奴隷と黙認し続けた韓国社会のおぞましさ”. ZAKZAK. (2014年2月27日). オリジナル2014年3月7日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20140307063940/http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20140227/frn1402270826000-n1.htm 
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m “障害者ら100人「奴隷」に強制労働…韓国「塩田奴隷事件」“差別の現実””. 産経新聞. (2014年4月1日). オリジナル2014年10月27日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20141027124635/http://www.sankei.com/west/news/140410/wst1404100005-n1.html 
  5. ^ FOCUS-ASIA.COM (2015年1月6日). “韓国の小島で横行する奴隷制度、被害者の4分の3が知的障害者―英紙”. livedoor NEWS (LINE Corporation). オリジナル2015年1月6日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20150106160247/http://news.livedoor.com/article/detail/9644787/ 2016年12月19日閲覧。 
  6. ^ Yasuda (2015年1月8日). “韓国の塩田で奴隷として働かされていた被害者、救出後の生活も苦難続き―米メディア”. Record China (レコードチャイナ). オリジナル2015年1月10日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20150110095713/http://www.recordchina.co.jp/a100248.html 2016年12月19日閲覧。 
  7. ^ “韓国の塩田で起きた奴隷労働事件の実態…「奴隷の島」1月17日公開決定”. 映画.com. (2017年1月6日). http://eiga.com/news/20170106/12/ 2017年8月20日閲覧。 

関連文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]