新之助 (米)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
新之助
イネ属 Oryza
イネ O. sativa
交配 北陸190号×新潟75号
亜種 ジャポニカ O. s. subsp. japonica
品種 新之助
開発 新潟県農業総合研究所
テンプレートを表示

新之助(しんのすけ)は、日本イネの品種名および銘柄名である。新潟県の「米研究120周年」を記念する晩生品種。

概要[編集]

新潟県全体の高温障害・気象災害のリスクと収穫作業の分散で、晩生品種として「新之助」が開発された。中生品種は「コシヒカリBL」、早生品種は「こしいぶき」(2000年に品種開発)である。開発途中の2010年(平成22年)の猛暑では、高温に強い性質が実証された。コシヒカリBLよりも茎が太く、10センチほど短く、風で倒れにくい。日本穀物検定協会[1]の食味官能試験では、新潟コシヒカリと同レベルでタンパク質が低く適度なアミロース含有である。表層は硬めで、しっかりした粒感と「粘り」が両立している。長期貯蔵でも脂肪酸度が低く古米化の品質劣化がしにくいのが特徴である[2]

食味官能評価値 味度メーター[3] 千粒重(g) タンパク質(%) 整粒歩合
0.55 87.8 23.6 6.3以下 70%
年度 生産量(トン)
2015年(平成27年) 50
2016年(平成28年) 500
2017年(平成29年) 10,000程度

「新之助」の食味値を上げる三要素(タンパク質・アミロース・脂肪酸度)が低めになる品種特性と共に「米食味コンクール」でも上位を占めると期待される[4][5]山形県の「つや姫」については、「タンパク質」6.4 %以下[6][7]、「食味官能評価値」0.5強の数値である[8]

新之助 (米)
0.55
  • たんぱく質(%)
魚沼コシヒカリ 米山プリンセス 新之助 (米) いちほまれ
(越南291号)
つや姫 ゆめぴりか
6.0以下 6.0以下 6.3以下 6.4以下 6.4以下 6.8以下[9][10][11]
どんとこい[13][14][15]
 
南海129号
 
どまんなか
 
キヌヒカリ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
北陸190号
 
 
 
 
 
 
新潟75号
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
新之助

経過[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 食味評価試験”. 日本穀物検定協会. 2016年12月16日閲覧。
  2. ^ 特集2 新潟の新しいお米「新之助」のデビューに向けて”. 2016年12月15日閲覧。
  3. ^ トーヨー味度メーター”. 東洋ライス. 2016年12月15日閲覧。
  4. ^ 粒感と粘り、「ポストこしひかり」が決定…福井”. 読売新聞 (2016年12月3日). 2016年12月15日閲覧。
  5. ^ ポストこしひかり決定、評価日本一 全国のブランド米超える自信作”. goo (2016年12月3日). 2016年12月15日閲覧。
  6. ^ 山形のブランド米「つや姫」”. 全国農業協同組合連合会 山形県本部(JA全農山形). 2016年12月15日閲覧。
  7. ^ 山形つや姫ブランド化戦略推進本部「つや姫」生産者認定制度実施要綱”. 2016年12月15日閲覧。
  8. ^ 評価日本一の「すごいコメ」誕生 「つや姫」や「新之助」上回る”. 福井新聞 (2016年12月3日). 2018年11月28日閲覧。
  9. ^ 平成24 年「ゆめぴりか」作付け生産者の皆様へ”. 北海道米の新たなブランド形成協議会. 2017年8月19日閲覧。
  10. ^ 「ゆめぴりか」栽培マニュアル”. 北海道米の新たなブランド形成協議会. 2017年8月19日閲覧。
  11. ^ 「ゆめぴりか」をどのように作りこなすか!”. ながぬまクリーンライス生産組合ゆめぴりか部会. 2017年8月19日閲覧。
  12. ^ 開発ストーリー”. 新潟県. 2016年12月19日閲覧。
  13. ^ 「どんとこい」は多肥条件でも食味の低下が少ない”. 農業・食品産業技術総合研究機構. 2016年12月19日閲覧。
  14. ^ どんとこい(普通栽培・中生)”. 日本穀物検定協会. 2016年12月19日閲覧。
  15. ^ どんとこい”. お米ガイド. 2016年12月19日閲覧。
  16. ^ 農業総合研究所”. 新潟県. 2016年12月15日閲覧。
  17. ^ 新しいお米は「新之助」 新潟県が開発、NGTも応援”. YouTube (2015年9月24日). 2016年12月15日閲覧。
  18. ^ 新潟の新しいお米の名前は「新之助(しんのすけ)」です。”. 新之助 特設サイト (2015年9月24日). 2020年10月10日閲覧。
  19. ^ 中国商標局のデータベース(中国商標網)による商標検索マニュアル”. JETRO北京. 2016年12月19日閲覧。
  20. ^ 中华人民共和国国家工商行政管理总局”. 中華人民共和国国家知識産権局. 2016年12月19日閲覧。
  21. ^ 新潟県の水稲の奨励品種等(平成28年6月30日現在)”. 新潟県農林水産部 農産園芸課 (2016年6月30日). 2018年7月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月15日閲覧。
  22. ^ 新潟の新ブランド米「新之助」試験販売始まる 競合に懸念の声も”. 産經新聞 (2016年10月6日). 2016年12月15日閲覧。
  23. ^ 【キラリ甲信越】新潟ブランド米「新之助」料亭などで高評価 全国へ浸透図る”. 産經新聞 (2016年12月16日). 2016年12月16日閲覧。
  24. ^ 一般、岩船、佐渡200~400円増17年産コシ仮渡し金 魚沼据え置き”. 新潟日報 (2016年12月16日). 2017年8月25日閲覧。
  25. ^ 米のヒット甲子園2018、大賞に新潟県・長岡産の「新之助」が輝く“日本の米”と海外に誇れる点も評価”. 日経トレンディ (2018年11月22日). 2018年11月28日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

専門雑誌