斎宮歴史博物館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 斎宮歴史博物館
Saiku Historical Museum
Saikû Historical Museum2.jpg
施設情報
正式名称 斎宮歴史博物館
専門分野 歴史資料・文化資料・考古資料
事業主体 三重県
開館 1989年
所在地 515-0325
三重県多気郡明和町竹川503
位置 北緯34度32分34秒 東経136度36分34秒 / 北緯34.54278度 東経136.60944度 / 34.54278; 136.60944座標: 北緯34度32分34秒 東経136度36分34秒 / 北緯34.54278度 東経136.60944度 / 34.54278; 136.60944
外部リンク 斎宮歴史博物館
プロジェクト:GLAM

斎宮歴史博物館(さいくうれきしはくぶつかん)は、三重県多気郡明和町竹川にある斎宮遺跡(国の史跡)に設置されている三重県立博物館[1][2]である。テーマ博物館であると同時に、埋蔵文化財センターとしての機能[3]を有する。

開館までの経緯[編集]

伊勢斎宮の遺跡は、南北朝期以降荒廃し、その遺跡も不明だったが、1970年(昭和45年)頃からの宅地造成に伴い、三重県多気郡明和町古里地区に斎宮遺跡の存在することが明らかとなり、1979年(昭和54年)には史跡指定を受けた。これを受け、三重県も斎宮跡発掘調査事務所を開設して本格的な調査発掘と保存に乗り出し、1983年(昭和58年)には史跡公園「斎宮跡」が開園した。1985年(昭和60年)には、斎宮跡に県立博物館を設置することが発案され、教育委員会文化課のもとで建設に向けた準備が進んだ。博物館予定地自体が遺跡であるため、慎重な発掘調査を経て、1988年(昭和63年)1月に起工、1989年4月より業務を開始し、10月に開館した。

施設[編集]

敷地面積18,000平方メートル、展示館建築面積は4,537平方メートル(延床面積5,077平方メートル)の鉄筋コンクリート造(一部現場緊張PC造)一階(一部二階)建で、以下の施設を有する。

展示施設[編集]

  • 常設展示室I
「文字からわかる斎宮」として、文献史料、葱華輦、群行模型、斎王居室復元模型、斎宮に関係する古典文学等を展示。
  • 常設展示室II
「ものからわかる斎宮」として、考古資料(『斎宮の成立と整備』『斎宮の隆盛と繁栄』『斎宮の衰退と消滅』の3期に区分して展示)と模型(内院の柵列を再現した復元模型(実物大)、内院地区の調査経過をまとめた映像と連動した発掘調査区模型(20分の1)、床面に設置した斎宮跡全体の陶板航空写真と組み合わせた斎宮寮の復元模型(400分の1))による展示。
  • 映像展示室
常設映像として『斎王群行』『斎宮を歩く』『今よみがえる幻の宮』をハイビジョン上映。
  • 展示ホール
  • 特別展示室

収蔵施設[編集]

  • 収蔵庫(1) (2)
  • 特別収蔵庫
  • 荷解室

教育普及施設[編集]

  • 講堂
128席。記念講演会、歴史講座、古典講座等が開催される。
  • 図書ホール
斎宮に関する研究文献・発掘調査報告書類、県内の発掘調査報告書、歴史参考書や辞典、子供向き歴史図書等が閲覧できる。
図書ホールのみの利用は無料である。
  • 調整室

研究施設[編集]

  • 研究室(1) (2) (3)
  • 研修室
  • 図書室
  • 資料室
  • 整理室
  • 保存科学室(1) (2)
  • 写真室

その他[編集]

  • 喫茶室等

コレクション[編集]

絵画・書蹟[編集]

工芸・彫刻[編集]

書籍・典籍[編集]

考古[編集]

  • 香炉、硯等。

他研究機関・教育機関との連携[編集]

観光資源としての役割[編集]

  • 国土交通省が推進する「日本風景街道」プロジェクトにおいて、『伊勢街道[7](近畿-第5号)の構成施設である。
  • 1999年(平成11年)10月2日に開館した『いつきのみや歴史体験館』[* 2]と連携して、斎宮遺跡のテーマパーク的展開を進めている。

交通アクセス[編集]

展示物[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 歴代斎宮の内でも歌才に秀で、藤原公任撰の三十六歌仙にも撰ばれている。
  2. ^ 文化庁の補助事業である地方拠点史跡総合整備事業(歴史ロマン再生事業)の一環として建設され、財団法人国史跡斎宮跡保存協会が管理している。

出典[編集]

  1. ^ 県の組織”. 斎宮歴史博物館. 三重県. 2011年12月1日閲覧。
  2. ^ 設置条例”. 斎宮歴史博物館条例. 三重県 (1989年3月29日). 2011年12月1日閲覧。
  3. ^ J-GLOBAL”. 斎宮歴史博物館. 科学技術総合リンクセンター (2010年7月29日). 2011年12月1日閲覧。
  4. ^ 木戸(参考文献)
  5. ^ 教育用画像素材集”. 食事-貴族の食事. 情報処理推進機構. 2011年12月1日閲覧。
  6. ^ 生涯学習分科会”. 都道府県・指定都市における生涯学習・社会教育担当部課の設置状況. 文部科学省 (2011年11月28日). 2011年12月1日閲覧。
  7. ^ 日本風景街道”. 伊勢街道. 国土交通省. 2011年12月1日閲覧。

参考文献[編集]

  • 『歴史街道を行く -歴史街道推進協議会公認ガイド』 2007年3月10日 昭文社
  • 天野秀昭 「斎宮歴史博物館のリニューアルといつきのみや歴史体験館の開館について--史跡斎宮跡のサイトミュージアムとしての活用をめぐって」 『博物館研究』(通号383) 2000年4月 日本博物館協会
  • 木戸久二子 「斎宮歴史博物館蔵源氏物語図色紙貼交屏風について」 『東海学院大学短期大学部紀要』(巻号2011,37) 2011年 東海学院大学短期大学部

関連項目[編集]

外部リンク[編集]