探偵マイク・ハマー 俺が掟だ!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
探偵マイク・ハマー 俺が掟だ!
I, the Jury
監督 リチャード・T・ヘフロン
脚本 ラリー・コーエン
原作 ミッキー・スピレイン
(「裁くのは俺だ」より)
製作 ロバート・ソロ
製作総指揮 マイケル・レオーネ
アンドリュー・D・T・フェッファー
出演者 アーマンド・アサンテ
音楽 ビル・コンティ
撮影 アンドリュー・ラズロ
編集 ガース・クレイヴン
配給 アメリカ合衆国の旗20世紀フォックス
日本の旗ワーナー・ブラザース
公開 アメリカ合衆国の旗 1982年4月22日
日本の旗1982年5月1日
上映時間 111分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 アメリカ合衆国の旗$1,515,578[1]
テンプレートを表示

探偵マイク・ハマー 俺が掟だ!』(たんていマイク・ハマー おれがおきてだ、原題:I, the Jury)は、1982年制作のアメリカ合衆国の映画

ミッキー・スピレイン原作のハードボイルド小説の私立探偵マイク・ハマー・シリーズ「裁くのは俺だ」の映画化。

あらすじ[編集]

ニューヨークの私立探偵マイク・ハマーのベトナム時代の戦友のジャックが、下腹部を撃ち抜かれるという残忍な方法で殺された。

ジャックの復讐を誓ったマイクは事件の調査を開始した。マイクはジャックの別居中の妻から、彼が性的不能者で、セックス・カウンセリング・クリニックヘ通っていたこと、最近大きな儲け話を見つけたと言っていたことなどを聞く。また、ジャックの戦友のジョーからは、ジャックが元CIAのロメロ大佐に近づいていたことを聞き、ロメロが犯人ではないかと推察する。

マイクは次に、セックス・カウンセリング・クリニックの院長のシャーロットに接近するが、彼女は患者の秘密は言えないと協力を拒否する。

やがて、ロメロがベトナム戦争中に特殊な薬を使って洗脳実験を行っていただけでなく、戦争中に開発された覚醒剤を売りさばいてあくどい商売をしていることが判明する。

しかし、悪の主謀者はもう一人別にいた…。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

テレビ放映:テレビ朝日日曜洋画劇場1986年8月17日

脚注[編集]

外部リンク[編集]