折井英治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

折井 英治(おりい えいじ、1909年8月2日 - 2005年1月)は、科学教育家。

来歴[編集]

長野県松本市生まれ。1928年台湾師範学校卒。台北第一師範附属小学校教師、台北帝国大学農学部卒、1939年台湾鉄工所研究所長、1942年南方資源研究所長、1943年東京帝国大学農学博士。1948年学生科学協会理事、1951年長野県上高地に自然科学研究所を創設、所長。1966年東京を引き払い郷里に「中山文庫」を開設、理事長。科学教育研究所長。子供向けの科学教育の著作を多く行った。共著者・折井雅子は娘。[1]

松本市図書館中山文庫

編著書[編集]

  • 『植物のふしぎ』中央公論社 1957
  • 『人体のふしぎ』中央公論社 1957
  • 『動物のふしぎ』中央公論社 1957
  • 『宇宙のふしぎ』中央公論社 1958
  • 『生活の中のふしぎ』中央公論文庫 教育シリーズ 1958
  • 『たのしい理科の学校 1~6年生』川本哲夫等絵 大日本図書 1959-60
  • 『暮らしの中のことわざ辞典』編 集英社 1962
  • 『ことわざ科学』文芸春秋新社 ポケット文春 1963
  • 『茶の間の科学100の話題』家の光協会 レインボウブックス 1963
  • 『科学心のすすめ』日本経済新聞社 日経新書 1965
  • 『なぜでしょう科学質問箱 第3集 (動物篇)』法政大学出版局 1966
  • 『なぜでしょう科学質問箱 第4集 (人体・食物・生活篇)』法政大学出版局 1966
  • 『なぜでしょう科学質問箱 第5集 (植物篇)』法政大学出版局 1966
  • 『暮らしの中の故事名言辞典』集英社 1967
  • 『サイエンス?ボックス』社会思想社 現代教養文庫 1973
  • 『アイスクリームのてんぷら 「あわ」をしらべる』松沢さとし絵 大日本図書 子ども科学図書館 1974
  • 『新修ことわざ辞典』編 集英社 1975
  • 『あっても見えないものなあに?』月田孝吉絵 大日本図書 おはなし科学 1977
  • 『ことわざの本』講談社の幼年文庫 1977
  • 『それでもおへそはだまっている』松沢さとし絵 大日本図書 おはなし科学 1977
  • 『小さいちいさいお月さま』松沢さとし絵 大日本図書 おはなし科学 1977
  • 『水にうくものしずむもの』月田孝吉絵 大日本図書 おはなし科学 1977
  • 『あした天気になぁれ』松沢さとし絵 大日本図書 おはなし科学 1978
  • 『こんなことできる?やってごらん』松沢さとし絵 大日本図書 おはなし科学 1978
  • 『しよっぱいしよっぱいお話』松沢さとし絵 大日本図書 おはなし科学 1978
  • 『超能力の動物たち』月田孝吉絵 大日本図書 おはなし科学 1978
  • 『花のひみついろいろ』月田孝吉絵 大日本図書 おはなし科学 1978
  • 『ひげものがたり』月田孝吉絵 大日本図書 おはなし科学 1978

共著[編集]

「こうしたらどうなる?どうしたらこうなる?」シリーズ全10巻 折井雅子共著 大日本図書

  • 『ビーだまは数をしっている』藤嶋かおる絵 1986
  • 『あてにならない目』藤嶋かおる絵 1987
  • 『氷のゆげ』藤嶋かおる絵 1987
  • 『だるまおとし』藤嶋かおる絵 1987
  • 『2本のストロー』吉田公麿絵 1987
  • 『まほうのわ』藤嶋かおる絵 1987
  • 『水のやまもり』田尻喜代子絵 1987
  • 『うきしずみ』藤嶋かおる絵 1988
  • 『おどるピンポンだま』よしだきみまろ絵 1988
  • 『光のいたずら』よしだきみまろ絵 1988

出典[編集]

[ヘルプ]
  • 『現代日本人名録 2002』 日外アソシエーツ

外部リンク[編集]