戴峰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
戴 峰 日本の旗 日本の科学者
戴峰客員教授.jpg
生誕 上海
国籍 日本の旗 日本
研究分野 地球物理学
生物医学
社会科学
研究機関 福島大学
東北大学
南台科技大学生物テクノロジーセンター他
主な業績 地球プレート臨界線断層学説の研究発表者
大地震前兆反応二次ピーク現象を発見(1996年日本地震学会論文集)
NT・G蛋白研究者
CCD活性酵素の研究者
2003年「マカオ地域だけは[SARS]感染流行はあり得ない」の研究発表者
主な受賞歴 マカオ特別行政区医師会による名誉医学大師号(2006年)
東久邇宮文化褒賞(2012年)
INTERNATIONAL FORUM OF CHINESE & WESTERN MEDICINE APPLICATION ON CANCER TREATMENT (Contribution Award of anti-cancer research)(2013年)2016年度中国(澳門)財経風雲榜大会において「創造生命科学成就賞」を受賞
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

戴 峰 DAI MINE タイ・ミネ、(ドクター中村)Dr.NAKAMURA、ドクター戴峰、中国人日本籍科学研究者ジャーナリスト1960年 上海出身。

(地球物理学宏観異常現象地震予知学、生物医学社会科学ジャーナリスト、中村総合科学研究所主任研究員南台科技大学台湾客員教授、中国中山医科大学家庭医健康センター高級医学顧問及び客員教授。地球プレート臨界線断層学説の研究発表者。[1]

2003年、当時、アジア中心に人类に脅えたSevere Acute Respiratory Syndrome;(SARS)非典型肺炎の感染流行背景に「澳門地方だけはSARS(サーズ)感染流行はあり得ない」を発表した研究者である。[2]

2006年度. 2012年度ノーベル生理医学賞ノミネート[3][4][5][6]

経歴[編集]

1980年代初期から中国科学院(当時)Dr. Lu Dajiong呂大炯博士の地震予知モデル地球伝導物理学を研究、その後、東京大学地震研究所 (地震力学)丸山卓男[7]教授の助力で日本に留学[8]

1994年国立福島大学卒業、後東北大学大学院地球宏観伝導研究の客員主任として、地震の[宏観前兆理学」[9]反応における断層物質と生物の影響についての研究調査を行う。同研究チームの調査分析で大地震「前兆反応の二つピーク現象」をまとめ発見、(1996年度)日本地震学会にて発表した。[10]

1996年、氏が率いた研究グループの独自研究で「地球伝導物理予知学」における「大地震の短期予知三要素マニュアル観測法」発表。[11]

1997年から、新しい分野の生物医学研究に、是まで昭和薬科大学[12]千葉大学[13]、国立中国薬科大学[14]、マカオ公立山頂病院、南台科技大学[15][16][17]等の研究機関の協力、共同研究 [18][19][20][21][22]等を行う。

2017年から、中国中山医科大学家庭医健康センター高級医学顧問及び客員教授。

主な論文[編集]

学会[編集]

主な著書[編集]

  • 『大地震は予知できる』 (グリーンアロー出版社刊)
  • 『大地震 今なら間に合う簡単予知トレーニング』(メタモル出版社刊)
  • 『ガン治療 新たなる突破口の提案 (ガン戦争シリーズ)』 (翻訳)、メタモル出版社刊)
  • 生物抗癌物質』(青春出版社刊台湾)
  • 『癌治療を強力にサポートする天然物質』 (東邦出版刊)共著

今までの研究[編集]

東北大学理学部研究室にて(1995年3月)
南台科技大学で生徒を指導中の戴峰客員教授(2013年5月)
文部科学省にて記者会見中の戴峰客員教授「右」(2011年7月)
1995年(共同研究)[27]
宏観伝導学により生物受容体(receptor)的伝導反応研究[28]
   (共同研究) [29][30][31][32][33][34]
生物医学及び非酸化受容体蛋白の研究

主な講演[編集]

  • 地震前兆異常の最新研究」2002年度日本危機管理学会(青山学院大学)
  • 「最先端生物製薬の未来について」2006年 マカオ特別行政区主催 [35]
  • 「長寿の蛋白と健康」台湾「健康100」雑誌社など(2006年台湾台北国際会議センター
  • 「日中地震予知研究に新しい提案」2008年9月主催中国雲南大学、雲南省政府科学技術協会共同主催[36]
  • SARS感染の調査研究」2003年5月4日マカオ医務会主催の緊急SARS予防の講演大会[37]で、内容[澳門地方(サーズ感染流行はあり得ない]と公開発表。マカオ 「MACAU TV」.「市民日報」新聞同5月5日付け登載)[38][39][40]
  • 「2011.3.9と3.11東日本大地震おける予知に重要な参考前兆は無かったのかについて」日本検証学研究学会[41]
  • 「3.11東日本巨大地震が予知されなかったについての検証会」2011年6月16日(東京ホテル銀座ラフィナート) 主催「日本検証学研究学会」、「日中米地震研究有識者の会」他に発表者[42]
  • 最新放射能汚染の実態を探るモラル会[43]

科学研究エピソード[編集]

2003年 氏の独特科学的感性の一例で、医学界におけるエピソードがあった。[44][45]

2003年、氏は当時、アジア香港中国に広がった人类に脅えた世界的“SARS”(Severe Acute Respiratory Syndrome)の流行を背景に独自における伝染流行調査と研究を行った。同年5月4日、当時の「WHO」 World Health Organization国連世界保健機関や世界の伝染病権威の基本認識と全く正反対の[46] 「澳門地方だけは(SARS)の伝染流行はあり得ない、」と医学界に驚かせる氏の研究発表が行った[マカオ医師会主催の講演大会(2003.5.5「澳門市民日報」、「澳門日報」MACAU.TV News等が報道掲載)][47][48][49]。その後、発表が八年過ぎましたが、当時、医学界に驚かせた戴教授ただ氏一人だけの「澳門地方(SARS)流行はあり得ない」研究説を検証しましたら、結果は完全に氏の発表通りアジアのSARS流行中心地は澳門地方だけが感染者は一人も出なかったことが判明した。

TV出演[編集]

評論家の阮次山先生と現代医科学について対談している戴峰(2014年3月

人物評[編集]

「彼の地震予知書き物を時間かけて精読しさらに再読されるならば、現在においては、非常に難しいと思われている地震予知は不可能ではないことを確信することが出来ると思います。」『大地震は予知出来る』推薦の言葉より.鳥山英雄博士(物理学者、生物学者、東京女子大学名誉教授[50]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 戴峰『大地震は予知できる』クリーンアロー出版96年版P.188「臨界線断層」節
  2. ^ 発表内容http://www.tdm.com.mo/
  3. ^ http://big5.china.com.cn/zhuanti2005/node_5978200.htm
  4. ^ http://news.sina.com.cn/o/2005-10-06/11137103294s.shtml
  5. ^ http://scitech.people.com.cn/BIG5/1056/3745449.html
  6. ^ http://www.job853.com/MacauNews/news_list_show_macao.aspx?type=1&id=101295&page=2
  7. ^ https://www.google.co.jp/search?q=%E4%B8%B8%E5%B1%B1%E5%8D%93%E7%94%B7&oq=%E4%B8%B8%E5%B1%B1%E5%8D%93%E7%94%B7&aqs=chrome..69i57&sourceid=chrome&es_sm=122&ie=UTF-8公益社団法人日本地震学会新名誉会員紹介
  8. ^ 『大地震は予知出来る』著者紹介
  9. ^ 戴氏が研究している宏観前兆と言われる多分野理科学の反応部分について引用、池谷元伺大阪大学教授 著『地震の前、なぜ動物騒ぐのか』NHKbooksP.76.105.111.148
  10. ^ 日本地震学会日本地震学会講演予稿集』茨城大学1996,no2
  11. ^ 『大地震は予知できる』クリーンアロー出版96年版P.181
  12. ^ 昭和薬科大学研究レポート9.17.1998」
  13. ^ 生体におけるpo抗腫瘍効果試験、2001.8-10.3
  14. ^ Heps n.cddp53 antitumor effect in mice directly.Joint Research Program, National University of Pharmacy and Research Institute Nakamura 2005.1
  15. ^ 南台科技大学「無免疫マウスにおける抗皮膚がん直接的影響比較」2008.10
  16. ^ 「N.T21の生体研究報告書」2009.12.30」
  17. ^ Biological fluid testing n.CCD-p53 tumor suppression by administration of injections, Southern Taiwan University of Technology research program by Professor Nakamura of the challenges2010.12
  18. ^ 国際漢方研究学会『BNE2007,12特集号、08,6号P15〜61』
  19. ^ Heps n.cddp53 antitumor effect in mice directly.Joint Research Program, National University of Pharmacy and Research Institute Nakamura 2005.1
  20. ^ R.T28 蛋白の研究、単核食細胞の機能およびマウス体力の遊泳時間(Xの平均± SD)について生体試験
  21. ^ Mouse vs. n.cddp5 (CTX) and tested for toxic effects of relaxation effect
  22. ^ Phase II for the first S-180CA antitumor substance n.cddp5 . National Laboratory for Medical School CH
  23. ^ 日本地震学会 『日本地震学会講演予稿集』茨城大学1996,no2
  24. ^ 2005.6雲南省.昆明
  25. ^ 東京商工会議所2008.3.17
  26. ^ 『BNE2007,12特集号「生命科学の新発見」不老の活性生物DNA』
  27. ^ 東北大学理学部「宏観伝導研究チーム」
  28. ^ 日本地震学会 『日本地震学会講演予稿集』茨城大学会場1996,no2
  29. ^ American College of Physicians研究者Dr.C.Naichi博士、
  30. ^ ヒューストン大学薬学研究者・Dr.Z.Qian博士、
  31. ^ 獨協医科大学第一内科臨床講師藤沼秀光医学博士
  32. ^ 千葉大学医学部付属診療放射線技術学校及び日本獣医畜産大学斉藤研究チーム
  33. ^ マカオ科学技術大学中医研究センター
  34. ^ 南台科技大学バイオテクノロジーセンター[N.T21]研究チーム
  35. ^ 科学技術産業国際化会議2006年度(マカオ国際会議センター)
  36. ^ (雲南大学地質学部2008年9月主催)
  37. ^ 発表内容http://www.tdm.com.mo/
  38. ^ Macao 「澳亚卫视」2003.5.4
  39. ^ 「MACAU TV」2003.5.4
  40. ^ マカオ 市民日報 2003.5.5 P4
  41. ^ 日本検証学研究学会理事会2011.5.12
  42. ^ 前参議院議員、元文部科学副大臣、前新党改革国対委員長の山内俊夫、東京女子大学名誉教授である元(イタリア)国際研究センター[Before Day]防災科学研究所在ナポリ客員研究員鳥山英雄、日本危機管理学会名誉会長であるテキサス大学ICC研究所シニアー・リサーチ・フェロー石川 昭教授など
  43. ^ 「最新放射能汚染の実態を探る」モラル会主催講演会2011.8場所:東京商工会議所
  44. ^ マカオ 『市民日報』2003.5.5P4
  45. ^ http://www.macaodaily.com/html/2011-10/26/content_641890.htm
  46. ^ マカオ 『市民日報』2003.5.5P1「(澳門)政府は“SARS”予防に世界保健機関WHOの専門幹事が緊急澳門に来る講演」
  47. ^ 「澳門 TV」2003.5.4
  48. ^ 発表内容http://www.tdm.com.mo/
  49. ^ Macao 「澳亚卫视」2003.5.4
  50. ^ 『大地震は予知出来る』推薦の言葉P6.鳥山英雄博士

外部リンク[編集]