成田ミイラ化遺体事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
最高裁判所判例
事件名 殺人被告事件
事件番号 平成15(あ)1468
2005年(平成17年)7月4日
判例集 刑集第59巻6号403頁
裁判要旨

脳内出血による意識障害に陥った重篤な患者に対して、患者の親族からの「シャクティ治療」の依頼を受けた者が、主治医らの警告を無視した上で入院中の患者を運び出し、未必の故意による殺意をもって、患者の生命維持に必要とされる医療措置を何ら施さずに放置し、死亡させた事案において、不作為の殺人罪が成立するとした事例。

第二小法廷
裁判長 中川了滋
陪席裁判官 福田博滝井繁男津野修今井功
意見
多数意見 全員一致
意見 なし
反対意見 なし
参照法条
刑法199条
テンプレートを表示

成田ミイラ化遺体事件(なりたミイラかいたいじけん)は、1999年平成11年)11月11日千葉県成田市のホテルで発生した殺人保護責任者遺棄致死事件。不真正不作為犯に関するリーディングケースとして、刑法学上著名な判例である。

経緯[編集]

自己啓発セミナー団体であるライフスペースの主宰者は、頭部を手で軽く叩く「シャクティパット」と呼ぶ方法で病気を癒すことができると喧伝していた。これを信じた男性が、高齢の家族を病院から連れ出し、成田市のホテルで主宰者によるこの治療法を試みた。この家族はそのまま死亡したが、主宰者はこの家族はまだ生きていると主張し、男性をはじめとした周囲もこれを信じた。

1999年11月11日、ホテルから「4ヶ月以上も宿泊している不審な客がいる」と通報を受けた成田警察署署員が、ホテルの部屋を捜索してミイラ化した遺体を発見した。

事件の異常さや、主宰者が記者会見で「定説」として「(被害者は)司法解剖されるまで生きていた」などと主張したことから、ワイドショーなどで大きく報道された。

2000年に主宰者と男性を含む11名が保護責任者遺棄致死で逮捕され、主宰者が殺人で、男性が保護責任者遺棄致死で起訴された(残りの9名は起訴猶予)。

裁判の経過[編集]

裁判でライフスペース側は無罪を主張して争ったが、男性は2001年9月28日に懲役2年6月・執行猶予3年の判決で確定。主宰者は、裁判でも「定説」を訴えて争ったが、1審で懲役15年、2審では不作為犯と認定され懲役7年の判決を受けた。主宰者は上告したが、最高裁判所2005年7月4日に上告を棄却し、懲役7年の判決が確定した。

記者会見[編集]

主催者は事件を受けて記者会見を開くも、以下に挙げられる主張を繰り広げたため、会見に集まった記者や撮影陣から失笑の渦が起こった[1]

  • 警察がホテルに家宅捜索に入った時点では被害者は生きていたと断言できる。
  • 被害者の死因は司法解剖をしたことが原因である。
  • 自分の体内には血液は巡っておらず、空気が循環している。
  • 6000年前から自分はサイババと関係していた。
  • 10歳は成人である。
  • 以前は税理士だった事を問われるや「過去世です」と発言。
  • 事件に対する報道が激化し自己の責任を強く問われた際、「はっきり言って私はサイババとは何の関係もないんですよ」と6000年前から関係しているはずなのに矛盾した回答をしている。

裁判後[編集]

2011年12月、ライフスペース関係者は「千葉成田ミイラ事件①の再審支援の会」を発足させ、再審請求へ向けた活動(毎週都内で、シンポジウム&ライブの夕べを開催)をしている。

2012年1月、「千葉成田ミイラ事件①の再審支援の会」は、本件事件のきっかけを弁護士紀藤正樹の発言やリークにより、作り出されたと主張して懲戒請求を申し立てたが、却下された。

これを受けて、2014年7月14日、日本弁護士連合会に異議申立を行っている。

出典[編集]