愛媛県道16号松山伊予線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
主要地方道
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 6.svg
愛媛県道16号標識
愛媛県道16号 松山伊予線
主要地方道 松山伊予線
制定年 1983年
起点 松山市和泉北【北緯33度49分23.9秒 東経132度45分26.4秒 / 北緯33.823306度 東経132.757333度 / 33.823306; 132.757333 (県道16号起点)
主な
経由都市
伊予郡松前町
終点 伊予市上野【北緯33度46分31.0秒 東経132度44分57.7秒 / 北緯33.775278度 東経132.749361度 / 33.775278; 132.749361 (県道16号終点)
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0056.svg 国道56号
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 3.svg
都道府県道23号標識
愛媛県道23号伊予川内線
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

愛媛県道16号松山伊予線(えひめけんどう16ごう まつやまいよせん)は、愛媛県松山市から伊予市までほぼ南北に走る県道主要地方道)である。

概要[編集]

国道56号愛媛県道326号松山松前伊予線との交点である和泉交差点から南東に分岐し、愛媛県道23号伊予川内線までを結ぶ全長6km余りの道路。松山市の市坪地区や古川地区の人口密集地等を通過する道路で、地域住民の最重要道路の1つとなっている。

路線データ[編集]

全ての座標を示した地図 - OSM
全座標を出力 - KML

歴史[編集]

路線状況[編集]

かつて国道56号からの分岐直後は通勤時間帯に限り、国道からの流入を禁止する一方通行路となっていたが、現在では規制を解除している。

また、国道56号から松山市と伊予郡松前町の市町境となる中川原橋付近までは、朝夕の通勤時間帯に慢性的な渋滞を引き起こしている。

松山市和泉北に石手川にかかる「和泉橋」があり松前町から松山市へ向けて走ると、橋を越えたところに進行方向が「左」「右斜め前」「右」の3通りの交差点がある。「右斜め前」と「右」での車線が異なることから、事故誘発につながるとドライバーの混乱を招いている。

この主要地方道を利用すると松山市の中心地まで一気に乗り入れることができることから、松前町や伊予市の沿線地域はベッドタウンとして開発が進んでいる。

2016年度現在、松山市古川北・松山古川郵便局以北において、拡幅工事が進められている。

2016年度現在、松山市古川西・城南タクシー以南において、松山外環状道路への接続工事が進められている。

名称・愛称[編集]

  • 古川通り

重複区間[編集]

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

松山市

伊予郡松前町

伊予市

沿線にある施設など[編集]

鉄道駅

教育施設

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ s:道路法第五十六条の規定に基づく主要な都道府県道及び市道 - 平成五年五月十一日建設省告示第千二百七十号、建設省

関連項目[編集]