愛媛県道23号伊予川内線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 3.svg
愛媛県道23号標識

愛媛県道23号伊予川内線(えひめけんどう23ごう いよかわうちせん)は、愛媛県伊予市から東温市までほぼ東西に走る県道主要地方道)である。

概要[編集]

国道56号大谷川橋交差点から東方向に分岐し、愛媛県道334号松山川内線川上小学校前交差点までを結ぶ、ほぼ全線で片道1車線が確保された道路である。

指定された当初は、上吾川交差点が起点だったが、1992年にバイパス開通に伴い、起点が大谷川橋交差点に変更となった。

愛媛の県都・松山市に流れる3本の大動脈である国道11号国道33号国道56号全てと交差し、松山自動車道川内IC(東温市)・松山IC(松山市)・伊予IC(伊予市)付近を通過する利便性から、地元住民だけではなく県内外問わず非常に多くの大型車ドライバーに利用されている道路である。川内方面の案内標識には「高松」「西条」の文字が、伊予市方面の案内標識には「宇和島」の文字が見られる。

重複区間[編集]

伊予郡砥部町高尾田(高尾田交差点) - 伊予郡砥部町高尾田
東温市下林 - 東温市下林

通過する自治体[編集]

伊予市 - 伊予郡砥部町 - 松山市 - 東温市

主な接続道路[編集]

伊予市[編集]

伊予郡砥部町[編集]

松山市[編集]

東温市[編集]

沿線周辺の主な施設[編集]

高速道路[編集]

鉄道駅[編集]

バス駅[編集]

  • 伊予鉄バス森松・砥部線
    • 高尾田東
    • 広瀬
    • 大橋町
    • 小村
    • 政友口
    • 中野
    • 中野石鎚前
    • 鶴羽
    • 竹の下
    • 上村
    • 宮の段
    • 仙幸寺
    • 別府
    • 拝志農協前

公共施設[編集]

教育施設[編集]

病院[編集]

沿線の風景[編集]

伊予市[編集]

国道56号から分岐すると、北側に大谷川、南側に鳥ノ木団地があり、さらにその先の南側に、各種スポーツ施設やホテルを備えた都市総合文化施設「ウェルピア伊予」がある。
田園地帯を進むと、北側に上野団地がある。
松山平野を望むこの付近には、「伊予あいじゅ」や「伊予が丘伊予病院)」などの特別養護老人ホームもある。
松山自動車道の高架橋付近で砥部町に入る。

指定された当初は、伊予市上吾川で国道56号と交差する上吾川交差点が起点で、当時は伊予小中学校や上三谷などで道が狭く、大型車の離合が困難だった。

1992年には、伊予市下吾川(大谷川橋交差点)から伊予市上野にかけてバイパスが開通し、現在のウェルサンピア伊予前を経由するルートに変更となった。同時に起点を大谷川橋交差点に変更。全線2車線

伊予郡砥部町[編集]

砥部町内に入ると、近鉄物流松山支店・松山佐川急便と運送会社が連続して登場し、沿線が活気付き始める。国道33号に至るまで、商店・工場が立ち並ぶ。地元企業であるパルティフジ砥部は多くの客でにぎわう。
国道33号との交差点である拾町交差点では、かつて朝夕の通勤ラッシュ時に慢性的な渋滞が発生していた。この渋滞緩和に向け、国道33号が県道23号をオーバーパスするよう交差点の立体化工事が行われ、2007年3月18日に開通した。しかし東温市方面行きは、交差点の少し手前に上下の坂があるため、信号設定や大型車の多さと相まって日中は時間を問わず車の流れが未だに悪いことが多い。
国道33号を越えると、しばらくは商店が立ち並ぶが次第に田んぼが広がり始める。

松山市[編集]

松山市の郊外(久谷地区)を通るので都心部を感じることはない。

東温市[編集]

東温市内も松山市内の延長で、国道11号国道33号を結ぶ片側1車線が確保された田舎道である。
砥部町より北側に重信川が流れているが、この川を渡るとパルティフジ見奈良アウトレットショップCoolsMallや、松山刑務所などがある。
国道11号との交差点が終点だと思われがちだが、当路線はその先約100m進んだ愛媛県道334号松山川内線(旧国道11号)と交差する川上小学校前交差点が終点となる。

関連項目[編集]