悲しむ老人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
『悲しむ老人』
フランス語: Au seuil de l'Eternité
オランダ語: Op de drempel van de eeuwigheid
作者 フィンセント・ファン・ゴッホ
制作年 1890年
素材 油彩
寸法 80 cm × 64 cm (31 in × 25 in)
所蔵 クレラー・ミュラー美術館エーデ

悲しむ老人(かなしむろうじん、フランス語: Au seuil de l'Eternitéオランダ語: Op de drempel van de eeuwigheid)とは、フィンセント・ファン・ゴッホによって描かれた絵画。油彩。「永遠の門」(えいえんのもん)と呼称される場合もある。オランダエーデクレラー・ミュラー美術館所蔵。

概要[編集]

1890年5月に、フランスサン=レミ=ド=プロヴァンスにあるサン=ポール・ド・モゾル修道院の精神病院で療養中に描かれたもの。描かれている老人は、自らが1882年に製作したリトグラフを模写したものである。

なお、この作品を作り上げる際に弟・テオに送った書簡の中では

「作品のなかに思想を盛り込もうと努めることは、画家の義務であるように思える。この刷りで僕が表現しようと試みたのは、
―しかし、うまく、というか実際あるがままに印象強く表現するところまではいかない。ただ曇った弱々しい鏡の反映にすぎない―
ミレーが信じた“かの高みにあるもの”の存在、神と永遠との存在の最も強力な証のひとつと思えるものだった。それはこのように小柄な老人が火の傍らにところを得て静かに腰掛けているとき、多分当人は意識していないだろうが、その限りなく感動を呼ぶ表現のなかにあるのだ。
同時にそこには、虫けらには授けられないような何か崇高で、何か偉大なものがある…」

と書き記している。

関連項目[編集]